なじょすんべ 量り売り 

豊島区大塚の歯医者、インプラント・矯正・審美・歯周病専門医、仙田歯科医院、院長の仙田です。

「なじょすんべ 量り売り」このタイトルでは何を言ってるのかさっぱり分かりませんよね?

大体金曜の夕方は早上がりできるので、地元大塚の地酒屋こだま さんで日本酒を買って帰るのが嬉しいルーティンです。そして週末お酒を楽しみます。今週は金曜日お休みだったので、昨日の夕方診療後に寄って購入した内の一本が、

会津錦(福島)純米 なじょすんべ 無濾過火入れ 2012/24BY(常温熟成)でした。

熟成酒を中心に(もちろん他のお酒もお好きなものを可能かと思います)、量り売りをしていただけます。素晴らしいですよね。今は5本が量り売り専用酒となっており、そのうちの一本がなじょすんべでした。

色は嬉しい枯れた山吹色。香りは芳しい熟成香。火入れ酒で熟成されまろやかな旨みにうっとり。300mlがあっという間になくなってしまいそうなので、半分は惜しみつつ取っておきました。常温も御燗もとても美味しい〜。

ちなみに2012は末っ子の生まれた年。ワインならよくありますが、日本酒でこのタイムカプセル感が味わえるのもまた一興です。震災の翌年だったっけな〜。

ちなみに「なじょすんべ」とは会津の方言でどうしようという意味だそうです。

会津錦さんの醸すお酒には、そのほか、さすけね、こでらんに、すっぺったこっぺった、などもございます。楽しいですよね。よろしかったら意味はお調べください(^^)

なじょすんべはこてらんに!

投稿日:2022年2月13日  カテゴリー:国酒・日本酒, 日記, 大塚タウン情報

ページトップへ