入れ歯のバネがかかっている歯が割れてしまった患者様に抜歯即時インプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
入れ歯のバネがかかっている歯が割れてしまった患者様に抜歯即時インプラント埋入を行いました。先日被せものが入りました。
手術は一回しか行っていません。抜歯と同時に一本埋入し、同時にもう一本は成熟側に埋入しました。
術前              術前レントゲン
000000116878_Panorama_20090220033418.jpg 000000116878_Panorama_20090127131044.jpg
術後              術後レントゲン
0000003121168_IntraOral_20090520034605.jpg 0000003121168_Panorama_20090519163746.jpg
抜歯即時埋入を行った部位はインプラント周囲粘膜の厚みを確保する目的でプラットフォームスウィッチングを行っています。埋入した時点よりもプラットフォーム周囲に骨が再生しているのが確認できます。
カスタムアバットメント   プラットフォームスウィッチング
0000001168312_IntraOral_20090520034622.jpg 0000003121168_IntraOral_20090520005610.jpg
病巣、骨欠損の程度と、付着歯肉の存在により抜歯即時にインプラントを埋入する事が可能となります。患者様にとって、手術の回数は少ないにこした事はありません。条件次第で可能となる抜歯即時埋入は、保存不可能な歯にとって理想的な治療方法の一つと言えます。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年5月26日  カテゴリー:症例vol.10, インプラント

ページトップへ