左下最後臼歯部のインプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
左下の一番奥に取り外し式の部分入れ歯が入っている患者さんです。とても咬める物ではないのでインプラントをしてほしいとの希望で来院なさいました。
000000204940_Panorama_20080821072158.jpg
術前               埋入時
000000204940_Panorama_20081019030432.jpg 000000204940_Panorama_20081019033258.jpg
術前レントゲン写真       埋入後レントゲン写真
000000204940_Panorama_20080920125212_02.jpg 000000204940_Panorama_20081018153659.jpg
フラップレスで骨の状態を確認しながら、直径5mm長さ8mmのフィクスチャーを埋入しました。埋入に要する時間は10分程度で、麻酔やレントゲン撮影術後の説明などを含めても30分弱の時間で終わりました。無切開、無剥離(無縫合)なので、ほぼ出血は無く止血は必要有りませんでした。術後の腫れ痛みも全く無かったとの事で鎮痛剤も未使用とのこと。
後は仮の歯を入れる際に僅かにレーザーで歯肉を整える程度です。
難症例ではCT撮影を行ったり、BGRが必要な場合は大きくフラップを開けますが、通常は最小限のフラップかフラップレスで患者様への浸襲を最小限にとどめる事を心掛けております。
インプラント・審美メール相談
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2008年10月27日  カテゴリー:症例Vol.7, インプラント

ページトップへ