入れ歯からインプラントへ (2)

入れ歯が合わずにインプラント治療を希望されたMさんの治療が終わりました。
カスタムアバットメント    美しいセラミクスクラウン
0000001657888_Panorama_20080404215344.jpg0000001657888_Panorama_20080404215332.jpg
0000001657888_Panorama_20080404215232.jpg0000001657888_Panorama_20080404215242.jpg
術前レントゲン写真      術後レントゲン写真
0000001657888_Panorama_20071207102929_02.jpg0000001657888_Panorama_20080404112030.jpg
術前             二次オペ後
0000001657001_Panorama_20080125224808-thumb.jpg0000001657002_Panorama_20080307230005-thumb.jpg
カスタムアバットメント装着  セラミクスクラウン装着
0000001657888_Panorama_20080404230819.jpg0000001657888_Panorama_20080404230845.jpg
0000001657888_Panorama_20080404230958.jpg0000001657888_Panorama_20080404230918.jpg
Mさんは、義歯が合わずに使用できなかったそうです。
欠損があっても欠損数が少ないと咬む事は出来るため、かえって義歯が煩わしいことがあります。
今回Mさんはインプラントを選択されました。13mmの十分な長さのインプラントに支えられたセラミクスクラウンによって欠損は回復され、審美的機能的にも満足して頂く事が出来ました。
単独歯のインプラント治療で、治療の流れが分かりやすかったので、Mさんに協力して頂き詳しく治療のステップを説明させて頂きました。Mさんありがとうございました。
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2008年4月15日  カテゴリー:症例vol.4, インプラント

ページトップへ