医療法人社団晴健会 仙田歯科医院紹介動画

矯正歯科

矯正歯科とは?

矯正歯科とは?

歯を抜かずに行う矯正治療が理想です

従来の矯正治療の考え方は、歯並びの悪さは、歯の大きさと顎の大きさのアンバランスが原因で前歯などが不整となると考えられていました。そのため小臼歯という歯を数本抜歯しその出来たスペースに歯を並べていました。
当医院では歯並びの悪さは奥歯の噛み合わせのの悪さに起因し、奥歯の噛み合わせを治す事により小臼歯を抜歯する事なく前歯を自然な位置に並べるという咬合誘導という概念に基づき治療を行っております。

乳歯列から永久歯列までの幅広い矯正歯科

小児矯正

早期発見早期処置が重要になってきます。乳歯列のうちから歯列不整を発見できれば、適切な噛み合わせへと誘導させ育成を促すことが可能であり、永久歯列が完成してから治療を始めるより抜歯しなければいけなくなる確率が減少します。

永久歯列の矯正

成人してからでは矯正治療は難しいとお考えではありませんか?年齢にはあまり関係なく治療可能です。成人は骨格、噛み合わせが確立しており、骨の再生も年々ゆるやかになりますので治療期間をゆっくりかけてじっくりと歯を動かすことが必要です。小児期からはじめる矯正と比較すると、抜歯しなければいけない確率は高くなります。

歯周病治療との併用

歯周病や虫歯を放置した事によって噛み合わせが崩壊した場合も適切な処置後であれば矯正治療が可能です。

ページのトップに戻る

ペリオインプラントブログで更新中

最新の矯正歯科症例は、ペリオインプラントブログにて更新中です。是非そちらもご覧ください。

最新の矯正歯科症例を見る

ページのトップに戻る

成人矯正症例1

歯と歯の間に隙間があることが気になっていましたが、矯正治療によって隙間が閉鎖され、食べ物も挟まりにくくなり、審美的、機能的に良好な歯列が得られました。

術前 術後
成人矯正症例1術前 成人矯正症例1術後

ページのトップに戻る

成人矯正症例2

歯周病が進行したことによって噛み合わせが崩壊し前歯が出てきてしましましたが、歯周病治療後、矯正治療を行い審美的、機能的に良好な噛み合わせが得られました。

術前 術後
成人矯正症例2術前 成人矯正症例2術後

ページのトップに戻る

若年矯正症例

上下ともに犬歯の八重歯が気になっていました。矯正治療によって八重歯の状態が改善され審美的、機能的に良好な歯列が得られました。

術前 術後
若年矯正症例術前 若年矯正症例術後

ページのトップに戻る

舌側矯正症例

舌側矯正(歯の裏側から行う見えない装置を用いた矯正治療)を行い、歯列を理想的と思われる状態に発育させ、その後、外側に装置をつけ仕上げの治療を行いました。

術前 術後
舌側矯正症例術前 舌側矯正症例術後

ページのトップに戻る

掲載書籍

掲載書籍

主婦の友社出版「心身の健康をつくる歯の矯正」の医院の一覧表に当医院が掲載されました。

ページのトップに戻る