理念

歯アイコン院長インタビュー

医療法人社団晴健会 仙田歯科医院 院長インタビュー

Q. 生まれ育ったところはどこで、どんな少年だったんですか?

インタビュー風景

自分でいうのも何ですが、手先は器用だったですね(笑)

栃木県の足利市です。小学生の時は、絵を描くのが好きだったり、プラモデルを作ったりするのが好きでしたね。自分でいうのも何ですが、手先は器用だったですね(笑)。あとは、男三兄弟の末っ子だったので、外で野球やサッカーをやることも多かったですね。

中学生になったら、実家がテニスコートの経営をしていたこともあって、軟式テニス部に入りました。実は、中学校2年生までは結構太っていたんですが、中学校3年から徐々に痩せ始めました(笑)。あと勉強は、部活が終わった3年生頃から始め、家庭教師についてもらいましたが、スタートがちょっと遅すぎましたね(笑)。ただ、英語は小さい頃から学んで比較的得意だったので、それもあって隣町の佐野市にある佐野日本大学に無事合格しました。

Q. どんな高校生活を送ったのですか?

インタビュー風景

”チャーリー”という英語教師に影響を受け、結構楽しんで勉強していました

特に部活にも入らず、勉強してました。二人の兄が優秀で、コンプレックスがあったからかもしれません。高校でも英語が好きで、”チャーリー”という英語教師に影響を受け、結構楽しんで勉強していました。日本人なんですけど、チャーリーって呼ばれてましたね(笑)。でも、教師って大事ですよね。

本は、開高健(かいこうたけし)の描くウィスキーや洋酒の世界が好きで、「かっこいいな~」と憧れながらよく読んでいました。

Q. その頃から歯医者になろうと思ってたんですか?

院長インタビュー風景

歯科医という職業が自分にあっていると確信しました。

そうですね。小さい頃に野口英世の伝記を読んで医療の世界に憧れ、福島県にある野口英世記念館に親に連れていってもらったのは印象的でした。その他、北杜夫の「どくとるマンボウ航海記」で船医にも憧れていましたね。ただ、中2の時に祖父が亡くなった時のショックが大きく、自分は死と向き合うことはできないなと思ったことと、小さい頃から歯が悪くずっと歯医者さんに助けてもらっていたことから、同じ医療の世界でも歯科医という職業が自分にあっていると確信しました。

日本大学では、約20校の附属高校が統一テストを行って大学への進学を決めるのですが、運よく学校で上位の成績だったので行きたい学部に進学することができました。

Q. そして晴れて日本大学の歯学部に進学されたわけですね。

インタビュー風景

今の臨床現場にも、この時期に勉強したことが活かされています。

はい。ただ、最初は右も左も分からない中で、先輩と名乗る人から「面倒見てやる」という話があり、なぜか少林寺拳法部に入ることになり、結果的には6年間在籍することになりました(笑)。これでも、最後の5年、6年は主将だったんですよ。これも一つの縁で、その部活が歯周病系の先輩が多かったことから、自分も自然とその分野に興味を持ち始めるきっかけにもなりましたね。

大学卒業後は、臨床研修医として大学病院で診療し、その後大学院に4年間進み歯学博士を取りました。大学院では、基礎的な研究が主でしたがエビデンス(科学的根拠)を基にした治療方法を学ぶという意味で、貴重な勉強期間になりました。今の臨床現場にも、この時期に勉強したことが活かされています。

Q. それから勤務医として臨床現場に出られた。

インタビュー風景

歯周病専門医を取得した頃に独立を考え始めました。

総合的に診療できる医院で、アルバイトを含めると約4年ほど勤務しました。そこでは、特に審美補綴を得意分野とする野本先生の下で臨床を学びました。その後、上野にある医院で4年ほど、インプラント、矯正治療を中心とした診療で研鑽を積み、歯周病専門医を取得した頃に独立を考え始めました。歯周病専門医もその当時は600人程度しかいない難関な審査基準でしたが、せっかく勉強し、学会での症例発表も積み重ねていたのでなんとか取得しようと努力しましたね。

Q. そして開業に踏み切られたわけですが、準備期間も含めてどのような医院にしたいと思ったのでしたか?

インタビュー風景

各患者さまに喜んで頂ける患者主体の診療をしたい

最初は、半年くらいと考えていたのですが、結果的には1年くらいかかりました。医院のイメージとしては、とくに各患者さまに喜んで頂ける患者主体の診療をしたいなと強く思っていました。場所の選定に関しても、大塚のこの場所に決めるまで、40件くらい物件を選定しましたね。結果的には、家の近くで土地勘がある場所で、家族で相談して決めました。

Q. 開業して色々と大変だったとは思いますが、4年目に入っていかがでしょうか?

インタビュー風景

一人一人の患者さまをゆとりを持って診療するスタイルに徐々にシフトしました

そうですね。最初の内覧会から、多くの患者さんにお越し頂いていたのですが、2年経った頃から忙しくなりすぎて、もっと一人一人の患者さまをゆとりを持って診療するスタイルに徐々にシフトしました。ちょうどその頃にホームページに力を入れていった大きな転機もありましたね。

Q. 現在の課題と、今後の医院のビジョンを聞かせてください。

インタビュー風景

より多くの患者さまに気軽に立ち寄れる”庶民派のインプラント治療”を提供できるように改善していきたい

より良い医療を提供する上では、まだまだ課題が多いです。例えば、より患者さまに気軽に相談してもらえるための歯科コンシェルジュを育成することなどを考えています。医療法人社団晴健会 仙田歯科医院では、より多くの患者さまに気軽に立ち寄れる”庶民派のインプラント治療”を提供できるように改善していきたいと思っています。

また、もっと多くの患者さまにご紹介頂けるように一人一人の患者さまの満足度をもっと高めていきたいと思ってます。

ページトップへ