医療法人社団晴健会 仙田歯科医院紹介動画

インプラント

インプラントとは?

しっかりと根をはる天然歯に近い機能、外観を回復します

インプラントは、入れ歯やブリッジに変わる新しく安全な治療法です。インプラントは、失ってしまった歯の歯槽骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、骨とインプラントが結合した後(通常1~2ヶ月)に歯冠(被せ物)を接合させる治療法です。従来の入れ歯等の治療法と比較し、骨と結合するため天然の歯と同様の感覚で快適に噛む事が可能です。

ページのトップに戻る

インプラントとはどんな治療方法ですか?

インプラント

「インプラント」とは、歯の抜けた所に、人工の歯根を植え、しっかりと顎(あご)の骨と固定した後、その上に人工の歯を製作し装着する方法です。

天然歯と同様の、健全な咀嚼運動(噛み砕き、飲み込む運動)ができるようになります。

ページのトップに戻る

インプラントは従来の方法とどのように違いますか?

入れ歯とインプラントの比較

インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系やプラシチックの床(右画像ピンク色の部分)、あるいは残存している歯に引っ掛ける止め金が必要ないので、口の中がスッキリとし、本来の自然な運動が甦ります。
また、製作された人工の歯もピッタリと固定されてますから、固いものでも楽に食べられるようになります。

ページのトップに戻る

インプラントにするメリット

従来の治療法 インプラント 備考
ブリッジ インプラントのメリット1 歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことができるので、他の歯を削る必要はありません。
従来の入れ歯 インプラントのメリット2 たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、噛む力を支えなければなりません。この噛む力はとても大きなものです。インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれますので、咬合圧(噛む力)による負担が少なくなります。
従来の有床による入れ歯 インプラントのメリット3 奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取り外しする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取り外さないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。

ページのトップに戻る

インプラント治療の流れ

1.的確な診査、診断

2.虫歯、歯周治療の完了と不正咬合の噛み合わせ治療による改善(噛めない、力が入らない、食物がはさまる、グラグラするブリッジや入れ歯等の治療かあるいはインプラントでの改善かの判断も重要)

3.歯周病治療

4.口腔(インプラント)外科処置

5.天然歯に近い機能性と審美的満足度の高い上部構造(修復物)の作製

6.予後管理と定期検診

ページのトップに戻る

インプラント手術時は痛くないですか?時間はどの程度?

インプラントを顎(あご)の骨に植える手術は、麻酔をして行いますから、痛みは心配ありません。

インプラントの手術は、綿密な計画の下に行われますので、手術時間の概要については事前の審査診断により決定されます。インプラントを植立する場所、本数、その他の要因により手術時間が異なりますので詳しくは歯科医師にご相談下さい。

※年齢、口腔状態などによっても、個人差があります。

ページのトップに戻る

インプランター

インプランター

インプランターとは、インプラントを入れるときに使用します。当医院では、KaVo(ドイツKaVo社製)イントラサージ300plusを採用しております。患者様に対し、より安全で精度の高い施術を提供することができます。また、院内感染対策に対応した完全滅菌システムにも対応しておりますので、安心してインプラント治療にお臨みください。

完全滅菌システム

ページのトップに戻る

ペリオテスト

ペリオテストの様子

インプラントがしっかりと骨についているかを、無痛で客観的に確実に測定することができます。インプラントに補綴物を被せる時期の見極めにおいて、信頼性の高い装置です。当医院ではシーメンス(ドイツ·シーメンス社製)ペリオテストを採用しております。

ペリオテスト

ページのトップに戻る