歯科用CT Veraviewepocs 3Df 40e

歯アイコン歯科用CT Veraviewepocs 3Df 40e

歯科用CTとは

歯科用CTを導入いたしました

当院のCT装置は世界的に高い評価を得ている、モリタ製作所のVeraviewepocs 3Df 40eです。
歯科用CT の臨床応用によって、より正確な診断、適切な治療、確実な経過観察を行う事が全て当院で可能です。

歯科用CTの特徴

低被爆線量

従来のX線フィルム型パノラマ撮影のわずか1.8倍、医科用CTの1/5以下の実効線量です。

照射線量最大40%カット

最新機種 Veraviewepocs 3Df の Dose Reduction機能は、X線の透過しやすい部位への照射線量を減らすことで、患者さんへの照射線量を最大40%軽減出来ます。

3次元画像で正確な診断

従来のレントゲン撮影は2次元画像であり、レントゲンフィルムに写ったものを歯科医師が頭の中で立体画像を想像して診断していましたので、正確な診断が困難でした。
 
CTの場合は写った画像から想像ではなく、患者様の歯や顎の骨がそのまま3次元の画像として見えるので、より正確な診断が可能になります。

歯科用CTに出来る事

歯科領域ではインプラントの術前診断、歯周病診断における歯槽骨欠損部の病態の把握、再生療法の経過観察や効果判定、根尖病巣の診断、根管形態の診断、歯および歯根破折の診断、虫歯の診断、などあらゆる診断が可能です。

従来、歯科大学附属病院やCTセンターにしか設置されていなかった歯科用CT ですが、当院にも導入されたことで、より正確な診断に役立つことはもちろん、経過観察などにおいても外部へ撮影に行くことなく、当院で全て診査・診断・治療を受けていただける事は患者様にとって大きなメリットとなると考えられます。

ページトップへ