[2008.11.06] 
最新情報
抜歯即時埋入+フラップレス埋入 ♯2(2)

新着情報

新着情報:カテゴリー「症例Vol.7」

2008年11月06日:抜歯即時埋入+フラップレス埋入 ♯2(2)

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
家族で数年来挑んできた挑戦が昨日をもって一段落しました。
少しブログを休んでおりましたが、改めましてお口の健康に関する情報の配信を再開したいと思います。


右下ブリッジの土台になっている歯が腫れる、痛くて咬めないなどの症状を訴え来院されたIさんのインプラント治療の結果、良好に経過しています。
抜歯即時埋入翌日       良好に機能するインプラント
000000185027_Panorama_20080705064058.jpg 000000185027_Panorama_20081105065658.jpg


術前レントゲン写真      術後レントゲン写真
000000185027_Panorama_20080416180025.jpg 000000185027_Panorama_20081104190132.jpg

歯周疾患のある歯にブリッジを入れる事はリスクを伴います。
今回は残念ながら以前に他院にてブリッジにした事で歯の寿命を縮める結果となり抜歯に至りました。しかし、抜歯と同時にインプラントを埋入、単独でセラミクス補綴の結果、歯が生えてきた様に蘇りました。正にインプラントが第二の永久歯と言われる所以です。
今回の特徴は、一切メスを使用していないところです。
切らない、剥離しない、患者様によけいな苦痛を与えない。
歯周病専門医ですからフラップはルーティンワークですが、インプラント治療をはじめ切開剝離は極力さけるべきか最小限に留める事が重要であると考えております。
プラットフォームスウィチングのおかげで歯肉と骨の安定も維持される事と思われますが、今後は患者様と二人三脚で良い状態を維持して行きたいと思います。


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年10月27日:左下最後臼歯部のインプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
左下の一番奥に取り外し式の部分入れ歯が入っている患者さんです。とても咬める物ではないのでインプラントをしてほしいとの希望で来院なさいました。
000000204940_Panorama_20080821072158.jpg


術前               埋入時
000000204940_Panorama_20081019030432.jpg 000000204940_Panorama_20081019033258.jpg

術前レントゲン写真       埋入後レントゲン写真
000000204940_Panorama_20080920125212_02.jpg 000000204940_Panorama_20081018153659.jpg

フラップレスで骨の状態を確認しながら、直径5mm長さ8mmのフィクスチャーを埋入しました。埋入に要する時間は10分程度で、麻酔やレントゲン撮影術後の説明などを含めても30分弱の時間で終わりました。無切開、無剥離(無縫合)なので、ほぼ出血は無く止血は必要有りませんでした。術後の腫れ痛みも全く無かったとの事で鎮痛剤も未使用とのこと。
後は仮の歯を入れる際に僅かにレーザーで歯肉を整える程度です。
難症例ではCT撮影を行ったり、BGRが必要な場合は大きくフラップを開けますが、通常は最小限のフラップかフラップレスで患者様への浸襲を最小限にとどめる事を心掛けております。

インプラント・審美メール相談
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年10月20日:抜歯即時埋入+ソケットリフト (3)

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
4月に抜歯即時ソケットリフト埋入した患者さんです。
先日補綴処置が完了しました。
抜歯時         補綴処置後
0000001744ysa_Panorama_20080406024429-thumb.jpg 000000174449Panorama_20081019022105.jpg


カスタムアバットメント セラミクスクラウン
000000174449Panorama_20081019020649.jpg 000000174449_Panorama_20081019020644.jpg


術前レントゲン写真       術後レントゲン写真
0000001744ysa_Panorama_20080301153324_02.jpg 000000174449Panorama_20081018142637.jpg

プラットフォームスウィッチングしてあるので、インプラント周囲粘膜の安定も得られます。
左側の臼歯部にもインプラント補綴させていただき経過良好であり、右側の補綴処置も完了したので今後は左右でしっかりと咬んでいただけます。
左側上顎臼歯部
000000174488_Panorama_20080302023454-thumb-thumb.jpg 0000001744001_Panorama_20080713001558-thumb.jpg

インプラント・審美メール相談
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年10月14日:ソケットリフト後の補綴完了

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
先日ソケットリフト法でインプラントを埋入させていただいたHさんに補綴物が入り経過良好です。その際はフラップレスサージェリーでした。
手術直後   カスタムアバットメント 補綴物装着
0000001845099_P089_20080617231140-thumb.jpg 000000184574Panorama_20081010233542.jpg 000000184574Panorama_20081010233620.jpg

術前      埋入後      補綴後
000000184574_Panorama_20080415132007.jpg 000000184574_Panorama_20080617111710.jpg 000000184574_Panorama_20081010114250.jpg


上顎において骨が不十分でインプラント不可能という診断を受けた方でもご相談ください。
ソケットリフト時に填入したβ-TCPは当初インプラント先端周囲を覆うように存在していましたが、現在は周囲の海綿骨骨梁と見分けがつかない状態になり、骨に置換されている事が予想されます。
今回のようなフラップレスサージェリーは患者様に負担の少ない治療法です。可能であれば極力歯肉を切開、剥離しないように低浸襲治療を心がけております。
インプラント治療は、ブリッジや義歯のように周囲の歯に負担をかける事無く、欠損を単独で回復できるすばらしい治療法です。ブリッジや義歯の治療法に疑問の有る方、または満足されていらっしゃらない方、お気軽にメールなどでご相談ください。
インプラント無料メール相談


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年10月07日:ボーンスプレッディング

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
上顎第1大臼歯欠損部にソケットリフトを行いインプラントを埋入しました。
レントゲンでもわかりますが、骨が非常に柔らかかったので通常のソケットリフトに加えて、骨を緻密に圧縮し押し広げるボーンスプレッディングを行いました。
other03_ph01.jpgother01_ph04_2.jpg other01_ph04.jpg


other04_ph02.jpg

スレッドフォーマーを細い物から太い物に替えて行き、脆弱な骨を圧縮しながら圧し拡げることで、緻密な骨に囲まれたインプラント窩を形成し、β-TCPを填入した後セルフタップでフィクスチャーを埋入しました。
術前               埋入後
000000204917_Panorama_20080820191817.jpg000000204917_Panorama_20080920125212.jpg

術前        埋入直後       埋入4日後
000000204917_Panorama_20080921000259.jpg 000000204917_Panorama_20080921004816.jpg 000000204917_Panorama_20080925070702.jpg


術中はもちろん、術後の疼痛、腫れ、出血も無く経過良好です。
レーザーを用いてフラップレスで行ったため、軟組織の治癒も早く埋入4日後には閉鎖されておりました。
レーザーの低侵襲性と切開・剥離を行っていないため血液供給が阻害されにくい事も治癒の早さにつながっている物と思われます。
なるべく患者様への侵襲が最小限で済むことを心掛けて、他の治療同様にインプラント治療も行っております。


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年09月29日:インプラント+マグネットデンチャー

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
義歯が発音を障害していた患者さんです。
前歯の欠損部に部分入れ歯が入っておりましたが、講演会などでお話をされる機会の多いIさんにとってこの義歯が発音の妨げになっていたようです。
なんとかならない物かとのご相談に対して、骨欠損からインプラントによるブリッジは難しく、最小限に一本のインプラントを埋入することと残根を利用したマグネットデンチャー(磁石式入れ歯)で対応させていただきました。
術前の入れ歯            口腔内写真
000000061331_Panorama_20080614035519.jpg 000000061331_Panorama_20080614035451.jpg

インプラント上マグネットデンチャー インプラント埋入時
000000061331_Panorama_20080802024150.jpg 000000061331_Panorama_20080625040242.jpg


マグネットデンチャー装着時     マグネットキーパー装着
000000061331_Panorama_20080802031853.jpg 000000061331_Panorama_20080802031943.jpg

術前レントゲン写真          術後レントゲン写真
000000061331_Panorama_20080603111415.jpg 000000061331_Panorama_20080624160251.jpg

インプラントを活用したマグネットデンチャーを使用していただいたIさんの感想は、
1非常に発音しやすくなった、2取り外しが簡単、3食事が美味しい。
というもので、大変満足していただき私も嬉しい限りでした。
こういった治療法は田中譲治先生が提唱しておられる歯科治療におけるユニバーサルデザインの概念に基づきます。
ユニバーサルデザインの7原則は
○どんな人でも公平に使えること
○使う上で自由度が高いこと
○使い方が簡単で、すぐに分かること
○必要な情報がすぐに分かること
○うっかりミスが危険につながらないこと
○身体への負担(弱い力でも使えること))
○接近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること
とあります。
インプラント+マグネットデンチャーの考え方もいくつかこの原則に当てはまります。
大きさ的には幸い逆にかなり小さく出来ますが。

ユニバーサルデザイン=みんなをつなぐデザイン

このすばらし考えを歯科治療においても取り入れて行く所存です。

Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年09月16日:上顎には出来ないと言われ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
以前に他院でインプラントは不可能と診断されたTさんです。
上顎臼歯部の歯槽骨が吸収し、上顎洞と近接しているため不可能との事でした。
5〜6mm程度の骨の高さがあればショートインプラントでも可能かもしれません。
しかし、2〜4mm程度しか骨が有りませんので、ラテラルのサイナスリフトかソケットリフトが必要となります。
今回は低侵襲に行えるソケットリフトで対応させていただきました。
術前              埋入後
0000001888212_Panorama_20080805105944_02.jpg 0000001888212Panorama_20080911173357.jpg

第1小臼歯相当部には10mmのインプラントをジャストに埋入しました。
第2小臼歯相当部には8mmのインプラントを約4mm挙上して埋入しました。
第1大臼歯相当部には8mmのインプラントを約6mm挙上して埋入しました。
後方の2本のインプラント周囲にドーム状に盛り上がったβ-TCPがうっすらと確認できます。
非常に繊細な手術なので約60分を要しました。大変おつかれさまでした。
先日術後の消毒を行いましたが、フラップレス手術のためほとんど張れや痛みはなかったとの事でした。
歯肉を切り刻むのが好きなDrもいるようですが、可及的に低浸襲で患者さんに負担がかからないように心掛けております。
切開剥離が必要な場合も最小限にとどめます。
またメスで切開するより、レーザーメスを用いた方が組織の損傷も少なく治癒も早い事は周知の事実ですので可及的にそうしておりおります。
オステオトーム          β-TCP+ミノサイクリン
0000999999_%E3%81%A6%E3%81%99%E3%81%A8%20%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83_Camera_20070929135642-thumb.jpg0000001914212Panorama_20080616221756.jpg

インプラント初体験のTさん。術前はかなり緊張されており、ご持参のCDを聞いていただきながらの手術でした。軽快なボサノバのリズムで緊張も少しはほぐれましたでしょうか?術後は、「想像していた物よりもずいぶん楽でした」とホットなさった表情が忘れられません。
ご持参のCD一枚を聞き終わらないうちに終了出来れば良かったですが、少しリピートしてしまい申し訳ございませんでした。

Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年09月12日:コンピュータ・ガイデッド・サージェリー (2)

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
先月コンピュータ・ガイデッド・サージェリーを行ったIさんの二回目の処置を先週行いました。
Iさんは、私の母親と同い年でご高齢ということもあり、一度に6本埋入するのはお体に負担がかかるので、二回に分けました。
サージカルガイド      フラップレス埋入後
000000186856_Panorama_20080801033920-thumb.jpg 000000186809_Panorama_20080905041810.jpg

術前レントゲン写真       術後レントゲン写真
000000186856_Panorama_20080425152256_02-thumb.jpg 000000186809_Panorama_20080904162554.jpg

手術時間は約30分、術後の疼痛や腫れはほとんどありませんでした。
インプラント前方の犬歯は根が湾曲し通常ではあり得ない方向を向いておりますがうまくさけてシュミレーションしてあるので接触しておりません。第一小臼歯相当部インプラントは黒い穴としてみえるオトガイ孔に2次元的には近接して見えますが、3次元的に舌側よりに設計し埋入できました。
今週は左下のインプラントに仮の歯をお入れするために型取りを行いました。
今後は左右順番にだんだんと咬めるようになって行きます。
CTとシュミレーションソフト、サージカルガイドによるコンピュータ・ガイデッド・サージェリーは、従来法と比較してより精度が高く、安全で、低侵襲治療(MI)が可能となります。


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年09月10日:抜歯即時埋入+ソケットリフト (2)

4月に抜歯即時ソケットリフト埋入した患者さんです。
他院にて治療し壊れていたブリッジを再製させて頂き、先日簡単な二次オペを行いました。
少し麻酔してレーザーで歯肉の形を整えただけの非常に楽な処置です。
4月の抜歯時      二次オペ時
0000001744ysa_Panorama_20080406024429-thumb.jpg 000000174470_Panorama_20080831003215.jpg

出血もほとんど有りません。術後疼痛も出にくく、治癒期間も非常に短縮出来ます。
術直後レントゲン         7月のレントゲン
0000001744ysa_Panorama_20080405153201-thumb.jpg 000000174470_Panorama_20080712124127_02.jpg

上顎洞底の皮質骨の不透過性に変化が認められます。術後はレントゲンに造影性の低いβ-TCPがうっすらと見える程度でしたが、インプラント尖端の不透過性が明確になり、骨がしっかりと出来て来ていることが確認出来ます。
骨伝導能を有するHA(ハイドロキシアパタイトコーティング)インプラントを抜歯窩に埋入し、β-TCPでギャップを埋める事により、あれだけ大きかった抜歯窩に骨が再生します。HAインプラント自体が骨補填材の働きも兼ねてしまうとも言えます。
 インプラントの上部構造物(被せもの)は、コンポジットレジンやハブリッドセラミクスでは破折や摩耗しやすいようです。審美ゾーンであればセラミクス、噛み合わせが強く問題のある箇所ではメタルを使用させて頂く場合もあります。

ページのトップに戻る

 

2008年09月01日:抜歯即時埋入その後

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
インプラントを抜歯即時埋入したHさんに最終的な被せ物が入りました。
術前               補綴処置後
0000001845234_Camera_20080520222528_02.jpg 0000001845234_Panorama_20080818235829.jpg

術前レントゲン写真        術後レントゲン写真
00000018452hs_Panorama_20080415132007-thumb.jpg 0000001845234_Panorama_20080818120204.jpg

抜歯即時埋入した第2小臼歯抜歯窩周囲はβーTCPが骨に置換され、骨伝導能のあるHAインプラント周囲には骨が再生しているのが認められます。
抜歯後、BGRやソケットプリザベーションを行ってから埋入し補綴を行った場合開始から補綴完了まで約6ヶ月程度要しますが、今回は3ヶ月以内に完了出来ました。
条件が整えば、抜歯即時埋入インプラントは治療期間、手術回数の短縮につながり患者さんにとって大変メリットのある治療法です。
カスタムアバットメント      セラモメタルクラウン
0000001845234_Panorama_20080818224718.jpg 0000001845234_Panorama_20080818224707.jpg


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る