[2016.09.22] 
最新情報
臼歯部咬合崩壊をインプラントで防ぐ

新着情報

新着情報:カテゴリー「症例vol.21」

2016年09月22日:臼歯部咬合崩壊をインプラントで防ぐ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
上顎の大臼歯を全て失い奥歯でかめなくなってしまった患者様です。臼歯部の咬合支持が全部あるいは一部失われ、その結果前歯部が突出して行くのが典型的な咬合崩壊の症例です。この患者様も、この状態を放置すると咬合崩壊を来しかねません。
 従来の治療法では取り外し式の部分入れ歯による治療法になります。今回はカウンセリングの結果、欠損部をインプラントで治療させていただきました。
残根抜歯後右側側方面観      補綴後右側側方面観
0000003916765483275_IntraOral_20130530184542.jpg 00000039168762754_IntraOral_20160921104441.jpg


初診時オルソパントモグラフィー  補綴後オルソパンとグラフィー
0000003916765y34_Panorama_20121212182146.jpg 0000003916765423643_Panorama_20160921102252.jpg


CT診査と埋入シュミレーション   埋入後CT
00000039165863754gt_CT_20130530185242.jpg 00000039166552yrty_CT_20130801122240.jpg

インプラントによる欠損補綴は咬合高径を回復したり維持する事が可能です。特に臼歯部咬合崩壊において患者様に大きな利益をもたらします。インプラントは天然歯とは異なる挙動を示すので注意が必要です。
長期間に渡る治療、大変お疲れさまでした。
今後もメインテナンスを通じて、歯周炎、噛み合せ、咬合習癖、全身疾患等をチェックさせて頂き、良い状態を維持して頂きたいと思います(^^)


Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院

ページのトップに戻る

 

2016年03月10日:入れ歯?インプラント?

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
右上の大臼歯を失ってしまった患者様です。従来の治療法では取り外し式の部分入れ歯による治療法になります。今回はカウンセリングの結果インプラントで治療させていただきました。
CT診査、シュミレーションを行い埋入しました。上顎洞のsepta(セプタ 隔壁)が確認できたため、そこをさけて計画通りにソケットリフトを行い埋入出来ました。
CTシュミレーション          埋入後
00000031127476235412_OtherImage_20150408171649.jpg 000000213249763492783_IntraOral_20151021174148.jpg

術前                 術後
000000255212947613842_IntraOral_20150408173846.jpg 0000002184951623432_IntraOral_20160204181230.jpg


大切な歯を失ってしまって入れ歯になってしまうのでは?または入れ歯でお悩みの方、ブリッジの治療で歯を削るのはいただな〜等とお悩みの方、お気軽にご相談下さい。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院


ページのトップに戻る

 

2015年08月10日:低浸襲のインプラント その2

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
歯根破折を起こした患者様に低浸襲のインプラント治療を行わせていただき、治療が終了いたしました「低浸襲のインプラント」
硬いものを噛んで歯根が破れ痛みの出てしまった患者様に、低浸襲で抜歯即時インプラント埋入を行い、補綴物が入りました。骨欠損が大きかったので、骨接合まで4ヶ月程かかりました。長期間に及ぶ治療を要し、大変お疲れさまでした。今後は硬い物でも安心して召上がっていただけると思います!
術前              術後
00000040662846918273_IntraOral_20150217104504.jpg 0000004066124693814613272_IntraOral_20150810113048.jpg


埋入直後CT           現在のCT
000000406613868217_OtherImage_20150303162536.jpg 000000406621936874223_OtherImage_20150810111826.jpg


骨欠損が大きかったので骨造成をおこないました。骨造成の当初と比較すると硬組織の不透過性も明瞭になり骨の成熟が確認できます。

※当院では歯科用CT撮影と必要に応じてサージカルガイドを用いたコンピューターガイデッドサージェリーで安全・確実なインプラント手術を行っております。
ct02.jpg case6-2.jpg


Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院

ページのトップに戻る

 

2015年08月07日:インプラント治療終了 お疲れさまでした!

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
左側の大臼歯が痛くて噛めないという症状を訴えた患者様です。歯周組織の崩壊が顕著で予後不良、要抜歯と診断しました。カウンセリングの結果患者様はインプラント治療を選択なさいました。
術前                術後
00000009111864823_Panorama_20140430103946.jpg 000000091125123832_Panorama_20150804100111.jpg

術前CTシュミレーション       埋入後CT
00000009114233213_CT_20150324183258.jpg2.jpg 000000091109869374592673_CT_20150423111542.jpg

遊離端欠損のため部分入れ歯かインプラントの選択になりますが、部分入れ歯は残存する周囲の歯に負担をかけてしまいます。インプラントにすると、周囲の歯の負担ををサポートして長持ちさせる事にもなります。今回は抜歯後2ヶ月間、軟組織とある程度硬組織が治癒するのを待ってからの、抜歯待時埋入を行いました。現在失われた骨は回復し、インプラントフィクスチャープラットフォームを覆う程に成熟しています。インプラント治療は着手してから完了するまで数ヶ月間の治療期間を要します。大変お疲れさまでした!安心して何でも召上がって下さい(^^)
※当院では歯科用CT撮影と必要に応じてサージカルガイドを用いたコンピューターガイデッドサージェリーで安全・確実なインプラント手術を行っております。
ct02.jpg case6-2.jpg


Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院

ページのトップに戻る

 

2015年05月06日:入れ歯からインプラントへ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
上下に入っている部分入れ歯から、インプラントで固定式の被せものにさせていただいた患者様です。
術前                  術後
00000002874536254376_IntraOral_20131125162031.jpg 0000000287865756_IntraOral_20150424120058.jpg


CT診査と埋入シュミレーション
0000000287187456182763_CT_20131125160610.jpg 00000002871848376423132_CT_20131125155758.jpg


部分入れ歯は、取り外しやお手入れの煩わしさ、痛み・違和感、耐久性の問題、精神的苦痛など、患者様によっては様々な不満を持っていらっしゃる事があります。
インプラントによってそれらの問題点を解決出来る可能性が有ります。
お気軽にご相談下さい。

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院


ページのトップに戻る

 

2015年03月14日:歯根破折からインプラントへ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
神経を失ってしまった歯「失活歯」は徐々に脆くなり、割れやすくなってしまいます。これを歯根破折と言います。ブリッジの支えとなっている歯や入れ歯の金具が掛かっている歯、インプラントの間に位置する歯は負担が大きくなり歯根破折を起こしやすい傾向にあります。
ブリッジの支えとなっていた第2小臼歯が歯根破折を起こしてしまった患者様です。
欠損部にインプラント補綴をさせて頂き、部分入れ歯を回避する事が出来ました。
臼歯部の骨が不足している部位にはソケットリフトという方法でインプラント埋入を行いました。
欠損部            補綴処置後
000000002023987125i476571293_IntraOral_20150311132416.jpg 000000002018745i137625391_IntraOral_20150311132834.jpg


歯根破折           補綴処置後
000000002029876135947632831_IntraOral_20140129103806.jpg 00000000203291396735972_Panorama_20150311120909.jpg


インプラント治療は欠損を回復する事が出来るだけでなく、さらなる欠損の拡大を防ぐ事も出来る有効な方法です。外科的な処置を含む方法ですが、当院ではなるべく低浸襲な治療法を心がけておりますので、先ずはお気軽にご相談下さい。

※当院では歯科用CT撮影と必要に応じてサージカルガイドを用いたコンピューターガイデッドサージェリーで安全・確実なインプラント手術を行っております。
ct02.jpg case6-2.jpg


Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院

ページのトップに戻る

 

2015年03月07日:低浸襲のインプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
硬いものを噛んで歯根が破れ痛みの出てしまった患者様に、低浸襲のインプラント治療をさせて頂きました。残念ながら歯根破折を起こすと予後は不良であり、保存不可能となってしまいます。破折線周囲のセメント質・歯根膜・歯槽骨などの歯周組織が失われ周囲に病巣が出来てしまい、常に炎症が起きてしまうのです。放置すると骨欠損が大きくなり取り返しのつかない事になってしまいます。
左上小臼歯の歯根が破折してしまい、病巣が出来て骨吸収を起こしてしまった患者様です。
抜歯し病巣を様々な器具で除去、即時インプラント埋入、テンポラリークラウン(仮の歯)の接着を行いお帰りいただきました。抜歯を含めた手術は一回だけ。低浸襲でシンンプルな治療法です。
後は2〜3ヶ月後にレーザーで歯肉形態を整えるのみで最終的な被せものを製作します。
術前               術後
00000040663143421_IntraOral_20150217104454.jpg 0000004066187459732613132_IntraOral_20150303163414.jpg


術前CT・埋入シュミレーション  埋入後CT
0000004066198461872432_CT_20150217104040.jpg 0000004066184936704872_CT_20150303162536.jpg

術前レントゲン写真       抜去歯
00000040661437628713_IntraOral_20150217102350.jpg 00000040663418684732_IntraOral_20150303163355.jpg


術後に患部が重い感じはするものの、鎮痛剤を飲む程の痛みは無かったとの事です。また翌日もほとんど腫れる事が無く、手術も楽であったとの感想を頂戴しました。
歯を失っても抜歯即時インプラント埋入の術式が適応症であれば比較的楽に短期間に補綴処置まで行う事が可能です。骨や軟組織の造成が必要となるケースもあります。
先ずはお気軽にご相談ください!
※当院では歯科用CT撮影と必要に応じてサージカルガイドを用いたコンピューターガイデッドサージェリーで安全・確実なインプラント手術を行っております。
ct02.jpg case6-2.jpg


Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院

ページのトップに戻る