[2012.09.03] 
最新情報
お元気ですか?

新着情報

新着情報:カテゴリー「症例vol.19」

2012年09月03日:お元気ですか?

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
インプラントの治療を終えた患者さまが無事アメリカに帰国され地元に戻られたというお知らせが有りました。長旅でお疲れかとは思いますが早くそちらの普段の生活に戻りお元気に過ごせる事をお祈り申し上げます。
6/15日に来日、6/16日にインプラント埋入手術という慌ただしいスケジュール。
そして8/24日には最終補綴物を装着し、8/29日に噛み合せなどのチェックをさせていただき問題無しという事でアメリカに戻られました。
BEFORE            AFTER
000000236981543_IntraOral_20120616222755.jpg 000000736981537_IntraOral_20120829234921.jpg

BEFORE            AFTER
000000130698547_IntraOral_20120616222736.jpg 0000000836980596_IntraOral_20120829234940.jpg

BEFORE            AFTER
00000083698152309_Panorama_20120616101311.jpg 0000003698026548_Panorama_20120829113542.jpg

患者様は私の家族のご友人で、7年ほど前にアメリカに移住されました。渡米する前に何度か治療させて頂いた事が有ったのが縁で、あちらで歯のトラブルに遭遇しご相談を受けておりました。5月にブリッジの土台となっていた左下5番を抜歯なさり、5番6番の2歯欠損になりました。6月に日本でオペさせていただき滞在期間7週間の間に出来る事をさせていただき、場合によって再来日していただく約束でした。幸運にも滞在期間を7週から9週に延長して頂いたので再来日していただく事も無く、最終補綴物までお入れする事が出来ました。
良い結果を得られる事が出来ほっとしております。
あちらでも何事も無い事をお祈り申し上げます!
またお会い出来る日までお元気で!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2012年07月16日:インプラントの為のインプラント(矯正用インプラント)♯4

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
矯正用ミニインプラントを用いた症例のその後です。
下顎には補綴物が入り安定しておりましたが、上顎の補綴物も経過良好です。
右上第一大臼歯部の欠損部にインプラント補綴を行いました。
術前              術後
00000007245992_IntraOral_20110601231043.jpg 0000000916453592_IntraOral_20120630231103.jpg


術前              術後
00000001543543992_Panorama_20090925111341.jpg 0000000992653765_IntraOral_20120630110439.jpg

術前              術中 
000000099254_IntraOral_20110601231118.jpg 000000099252435_Panorama_20120131002740.jpg

術中
00000000999212_Panorama_20110924235903.jpg

欠損部に倒れ込んでしまった歯をミニインプラントを併用して歯列矯正を行い正直(アップライト)させる事で、噛み合せや清掃性の良い状態でインプラント補綴を行う事が出来ました。
この患者様の様に欠損部の両隣の歯が未治療の歯の場合は特に、歯を切削するブリッジではなくインプラントをチョイスなさる方が増えております。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2012年07月12日:歯根破折→抜歯即時インプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯根破折を起こすと保存不可能となってしまいます。なぜかというと破折線周囲のセメント質、歯根膜、歯槽骨などの歯周組織が失われ周囲に病巣が出来てしまうからです。
左上前歯の歯根に複数のヒビが入り、大きな病巣、嚢胞が出来てしまった患者様です。
抜歯し病巣を様々な器具で除去、即時埋入、テンポラリークラウン(仮の歯)の接着を行いお帰りいただきました。抜歯を含めた手術は一回だけ。シンンプルな治療法です。
後は2〜3ヶ月後にレーザーで歯肉形態を整えるのみです。
術前CT(大きな嚢胞が認められます)  抜去歯(破折線有り)
0000999999743765_IntraOral_20120711060552.jpg 000099999901564_IntraOral_20120712003738.jpg

抜歯即時埋入時           仮の歯の接着 
0000999999134_IntraOral_20120712002648.jpg 0000999999036546_IntraOral_20120712003446.jpg

術前CT               術後レントゲン写真
000099999901436_IntraOral_20120711060705.jpg 0000999090999_Panorama_20120711123142.jpg


歯を失っても抜歯即時インプラント埋入の術式が適応症であれば比較的楽に短期間に補綴処置まで行う事が可能です。骨や軟組織の造成が必要となるケースもあります。
先ずはお気軽にご相談ください!

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2012年06月14日:インプラントの為のインプラント(矯正用インプラント)♯3

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
インプラントの為のインプラントと紹介させていただいた症例です。やっと下顎の治療が終わり大変お疲れさまでした。引き続き上顎を仕上げて参りましょう。
右下第一大臼歯欠損部に第二大臼歯が倒れ込んできております。
初診時            補綴後
00000009928458_IntraOral_20110601231050.jpg 00000009929769_IntraOral_20120609224342.jpg

初診時レントゲン       補綴後レントゲン
00000009920275_Panorama_20090925111341.jpg 0000000992154_IntraOral_20120609102213.jpg


矯正用ミニインプラントを用いた治療中
00000009921523_Panorama_20110924115320.jpg 00000000999212_Panorama_20110924235903.jpg

欠損部に倒れ込んで来た歯をミニインプラントや歯列矯正を行い正直(アップライト)させる事で、理想的にインプラント補綴を行う事が出来ました。
一見インプラント治療や矯正用ミニインプラントや歯列矯正治療は浸襲が大きい様に感じるかもしれませんが、終わってみれば欠損部の両隣の歯や周囲への浸襲は、従来のブリッジなどに比べて最小限で済んでおります。こんな理由からも歯を切削するブリッジではなくインプラントをチョイスなさる患者様が増えているのではないでしょうか。

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2012年05月15日:歯の痛みが消えない歯性上顎洞炎

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
他院にて左上第一大臼歯を一年間近く感染根管治療を行っていたが症状が消えないという患者様が来院なさいました。
当院でも数ヶ月に渡り根管治療させていただくケースもあり、治癒しない場合はCT撮影を行ったり、大学病院で精密検査していただいたり、仮の歯を被せて経過を見たり、納得していただければ抜歯に至る事も有ります。
一年間ずーっと根管治療をお受けになるのは時間的にも精神的にも費用的にも辛かったのではないかとお察しいたします。
CT診断            初診時レントゲン写真  
0000003123431_IntraOral_20120410065714.jpg 0000003431098_IntraOral_20111115184202.jpg

当院でレントゲン撮影した所、根管内に破折した根管治療器具のファイルと思われる不透過像が映っておりました。さらにCT診査によりシュナイダー膜の肥厚と上顎洞炎の所見が認められました。保存不可能と診断し患者様にご説明し、同意を得た上で抜歯を行い抜歯即時インプラント埋入を行う事になりました。
まずは抗生剤の投与を行い上顎洞炎の消炎処置を行い、抜歯即時インプラント埋入を行いました。手術は一回だけです。そして先日補綴物が入り現在経過良好です。
術前              術後
0000001233431_IntraOral_20111119221735.jpg 0000012303431_IntraOral_20120513000251.jpg


術前              術後
000000341231__Panorama_20111115184324.jpg 0000012303431_Panorama_20120512115845.jpg


機能的、審美的にも良好な結果が得られました。長期間に及び存在していた症状も消えて、今まで出来なかった咀嚼するという大切な機能も回復する事が出来ました。
長期間に及ぶお悩みを解決するお手伝いが出来て嬉しい限りです。大変お疲れさまでした!
お口のトラブル、お悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい!

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2012年04月11日:インプラントの為のインプラント(矯正用インプラント)♯2

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
矯正用インプラントの続きをご紹介いたします。
(以前インプラントを用いた矯正治療として紹介させていただいた症例の続きです。)
上顎に十分なスペースが出来たので上顎も埋入できました。
埋入時              埋入約2週間後
0000000958792_Panorama_20120304012902.jpg 000000578099_OtherImage_20120324234852.jpg


現在               ソケットリフト埋入
00000006586992_IntraOral_20120410151918.jpg 00000005867992_Panorama_20120303130943.jpg

埋入にはサイナスリフティングドリルを用いて、ソケットリフトを低浸襲に確実に行うことが出来ました。ドーム状に奇麗に挙上出来β-TCPがうっすらと写っております。両隣在歯とインプラントの距離も確保出来ております。
矯正治療とインプラント治療のコラボ、そしてインプラントを用いた矯正治療は、いままでインプラント治療が不可能だった症例に対しても可能性を広げてくれます。ミニインプラントは小さいけれど頼もしい奴です。
インプラント治療が難しいと診断を受けお悩みの方やセカンドオピニオンをお考えの方、お気軽にご相談下さい!インプラント30分無料カウンセリング

日本の歯科100選に当院が掲載されました
14362452453IMG.jpg

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2012年03月19日:歯根破折からインプラントへ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯根破折を起こし保存不可能となり抜歯に至った歯の欠損補綴法は、従来は入れ歯かブリッジから選択していただいておりました。現在はここにインプラント治療という選択肢が加わりました。あくまで選択肢の一つですから、患者様が納得の行く治療法を選択して頂いております。
インプラントが嫌いな方、信用出来ない方も多数いらっしゃいますので、従来の入れ歯やブリッジなどから治療法を選択していただく場合ももちろんあります。
今回の患者様は、右下第一大臼歯が破折した事に対する欠損補綴に対して両隣の歯を切削して傷つける心配の無いインプラント治療を選択していただきました。
治療期間の短縮と低浸襲で行える手術法として、抜歯と同時にインプラント埋入を行う抜歯即時インプラント埋入手術を選択しました。
手術翌日(腫れや痛み無し)   補綴物装着1週間後
00000032097057_Panorama_20111029223651.jpg 00000703257__IntraOral_20120214224226.jpg

術前レントゲン写真       補綴後写真
0000004563257_IntraOral_20110916111948.jpg 0000034867257_Panorama_20.jpg


抜歯即時埋入を行ったので手術は抜歯を含めて一回のみです。非常に低浸襲な治療法です。
腫れも痛みもなく補綴終了までの期間も短縮する事が出来ました。
歯の保存が不可能と診断を受けて、治療法の選択に困っていらっしゃる方、一度お気軽にご相談下さい! 

(当院では一日限定1名で昼休みに無料カウンセリングも行っております)
インプラント30分無料買カウンセリング

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2012年02月15日:歯根破折 腫れないインプラント #2

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
以前 「歯根破折 腫れないインプラント」として紹介させていただいた患者様の治療が終わりメインテナンスにおこしいただきました。
ブリッジの支えとなる歯根が破折してしまったので、インプラント補綴を行った患者様です。
術前              術後
0000001921956_Panorama_20110820044440.jpg 000000192157_Panorama_20120215011114.jpg


術前              術後
0000001921765_Panorama_20110801130307.jpg 0000001921143_Panorama_20120214130621.jpg


埋入直後            現在
0000001921057087_Panorama_20110819174945.jpg 090000001921143_Panorama_20120214130621.jpg

今回のインプラント手術は一回で終わり、腫れ・痛みが比較的少ない抜歯即時インプラント埋入とフラップレス埋入を選択させていただきました。抜歯即時埋入の利点は、手術が一回ですむ、治療期間が短縮される、低浸襲で腫れ・痛みが少ないという点が挙げられます。
抜歯即時埋入をおこなったインプラント周囲の骨も不透過性が増して徐々に安定して来ております。
今後も定期的なメインテナンスを行わせていただき、良好な状態を維持して参りましょう!

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2012年01月31日:インプラントの為のインプラント(矯正用インプラント)

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
以前インプラントを用いた矯正治療として紹介させていただいた症例です。
矯正用のアンカーの役割をするミニインプラント(アブソアンカーを使用)を利用して大臼歯のアップライト(正直)を行いました。
下顎は補綴物の理想的なスペースを作り出すため、上顎はインプラント埋入スペース確保の為のアップライトです。アンカーとなるミニインプラント無しには難しい処置です。
上顎も徐々にスペースが出来て来ました。そろそろ上顎も埋入できますね。
術前              現在
000000099254_IntraOral_20110601231118.jpg 000000099252435_Panorama_20120131002740.jpg


術前              現在
00000009929er67_Panorama_20110708153305.jpg 00000009927254_Panorama_20120130122138.jpg

矯正治療とインプラント治療のコラボ、そしてインプラントを用いた矯正治療は、いままでインプラント治療が不可能だった症例に対しても可能性を広げてくれます。ミニインプラントは小さいけれど頼もしい奴です。
インプラント治療が難しいと診断を受けお悩みの方やセカンドオピニオンをお考えの方、お気軽にご相談下さい!インプラント30分無料カウンセリング

日本の歯科100選に当院が掲載されました
14362452453IMG.jpg

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2012年01月21日:患者様に優しいインプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯を失ってしまったらインプラントによって欠損を回復するのは一般的になって来ました。
インプラント治療が一般的になり手術や埋入本数が増加するに伴い、全国でトラブルも増えているという報道もなされております。適切な診査・診断に基づき安全・確実に行う事でトラブルのリスクは回避出来ます。複雑な手術を複数回行ったり様々なマテリアルとデバイスを使えば確実かと言うとそうでもありません。
当院のインプラント治療は、①既存骨を活かし、②骨を誘導してくれる高性能のHA(ハイドロキシアパタイトコーティング)インプラントを用いて、③なるべく少ない手術回数で行う、というコンセプトに基づいて行います。
右上第一大臼歯に痛みを訴えて来院された患者様です。
CT画像(右上第一大臼歯周囲の骨は完全に吸収)
0000003413_IntraOral_20120117212015.jpg 0000003413_IntraOral_20120117212041.jpg


CT診査を行い、第一大臼歯周囲の骨は、根分岐部病変や根先病巣も存在し、完全に吸収してしまっており保存不可能であるという診断結果が得られました。
先述のコンセプト①②③に基づき抜歯即時インプラント埋入を行いました。
術前              術後(埋入翌日)
0000003413_Panorama_20120118000528.jpg 0000003413_Panorama_20120118221255.jpg


術前              術後(埋入直後)
0000003413_Panorama_20111116153421.jpg 0000003413_Panorama_20120117124833.jpg


手術当日は僅かな痛みは出たとの事ですが、翌日は痛み・腫れも無く、画像の様に良好に治癒に向かっています。
抜去歯
0000003413_Panorama_20120118010136.jpg


抜去歯を観察すると、分岐部は肉芽組織で被われ大きな根先病巣も存在しました。CT画像が無ければ歯周病治療を行い歯の延命治療を当然行っていた所でしょう。しかし、実際こういった歯を保存して行く事は機能的にも満足に咬めないのはもちろん、歯周病と全身疾患の事を考慮しても良いはずが有りません。
インプラントや歯周病治療などお悩みの方は何でも結構ですのでお気軽にご相談下さい。

日本の歯科100選に当院が掲載されました
14362452453IMG.jpg

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年12月03日:入れ歯からインプラントへ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
上の前歯と左下の奥歯にインプラント治療をさせていただいた患者様です。
左下には入れ歯が入っていらっしゃいましたが違和感が有り、うまく咀嚼できないとの事でインプラント治療を行う事になりました。
CT診査とコンピューターシュミレーションにより、骨の状態の良くない第二小臼歯を外して第一、第二大臼歯部位にインプラント埋入を行いました。
術前                術後
00000013134265_IntraOral_20110218040429.jpg 00000031134_Panorama_20111126035647.jpg


術前                術後
000000317134_Panorama_20110217153742.jpg 00000023134_Panorama_20111125161110.jpg


CTスキャン&コンピューターシュミレーション
000000313476467_Panorama_20111203051614.jpg

入れ歯が入っていると顎堤(歯槽骨)は吸収してしまいます。特に左下第二小臼歯部は歯槽骨の吸収が著しい状態でした。歯槽骨が狭小でありさらに下顎神経とオトガイ神経の走行があり、埋入を断念して後方からのカンチレバーとしました。
歯周病の歯を持たせられるだけ持たせる、入れ歯を入れておいて将来的にインプラントも考える、、、など従来の治療法では日常的に行われている事ですが、本症例の様に歯槽骨の吸収を招きます。今回は幸い奥に埋入出来ましたが、いざインプラント治療を行おうとしても不可能となってしまう場合も有ります。
手遅れ、になってしまう前に適切な治療を行いましょう!お気軽にご相談下さい。


Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年11月01日:安全設計で行きましょう! その2

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
皆さんおはようございます。今日から11月ですね。今年も残す所あと2ヶ月あまりとなりました。この辺から霜月、師走と加速がついてくる頃です。(と、毎年自分で勝手に焦り出す気がしないでも、、、)
以前安全設計で行きましょう!として紹介させていただいた症例です。左右犬歯—犬歯間6前歯を、左右の犬歯2本だけで支えるブリッジにトラブルの起きた患者様の経過です。6本分の力が2本の歯に加わり、しかも前歯にはカンチレバー的な力が前方に加わり、設計に無理が有るので負担加重となり左犬歯が歯根破折をおこしてしまった、というのがいきさつでした。
前歯部に3本のインプラントを埋入し、左下の欠損部にもインプラントを埋入し臼歯部の咬合を確保し、先日前歯に最終補綴物が入りました。

術前               補綴処置後
0000003134123454_Panorama_20110330033858.jpg 000003134765_IntraOral_20111029050418.jpg


カスタムアバットメント      補綴物
00000031341435_IntraOral_20111029040920.jpg 000000313414356_IntraOral_20111029040938.jpg


術前レントゲン写真        埋入後レントゲン写真 
00000031340780_Panorama_20110217153742.jpg 000000313453243_Panorama_20110624124645.jpg


CTデータを基にiCATというシュミレーションソフトで最適な箇所に埋入出来ました。あとは技工士さんの素晴らしいブリッジによって審美的・機能的にも良好に回復出来ました。
瀬戸大橋の様な長い橋であれば、橋を支える両側の橋台だけでは支えきれないので間に幾つか橋脚がおかれる事になります。これが無ければ橋は落ちてしまうか、橋台が崩壊してしまいます。インプラントという丈夫な橋脚が設置されたので安全設計の丈夫な橋が架けられました。
後は奥歯や下顎のインプラント上の補綴物を仕上げて参りましょう。もうしばらく一緒にがんばりましょうね!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年10月01日:ヘミセクション→インプラントへ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
左下第一大臼歯が歯根破折をおこしてしまいました。初診ではなく、矯正、インプラント、補綴治療など順調に進んで来た中での破折だったので、患者様と私の落胆も非常に大きかったのを記憶しております。下顎の第一大臼歯は概して2根ですので破折した遠心根だけを分割抜去するヘミセクションという治療法を相談の上選択させていただきました。一本でも、一根でも多くの歯を残したいと願うのは患者様も歯科医師も同じです。そしてヘミセクションした箇所には抜歯即時インプラント埋入を行い、仮の歯で様子を見た後、昨日最終補綴物をお入れする事が出来ました。
初診時側方面観          補綴時側方面観
0000002484350_Panorama_20090909042223.jpg 000000212480_Panorama_20111001000634.jpg


歯根破折時            補綴処置後
0000002445680_Panorama_20110121131019.jpg 000000213480_Panorama_20110930120329.jpg

手前の失活歯をサポートし、更なる歯根破折や欠損の拡大を防ぐ目的も有ってインプラントによって最後方での噛み合せを確保しました。
今後ファイバーコアで支台築造をやり直し矯正治療終了後に残りの補綴治療を行いましょう。ゴールは目の前です、もう少し一緒にがんばって参りましょう!

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年09月13日:入れ歯からインプラントへ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
部分入れ歯は残っている歯にクラスプと呼ばれる金具を引っ掛けて安定させます。そのため残存歯もダメージを受けて徐々に駄目になってしまう事は避けられません。
その点インプラント補綴は咬み合わさる箇所を増やす事が出来るため、残存歯を守る役割も果たしてくれます。
上下の奥歯に入れ歯が入っていた患者様です。入れ歯は動くため、残存歯も揺さぶられ歯周病が重度に進行してしまいました。上下の奥歯と、保存不可能な上顎の前歯部を抜歯してインプラント補綴を行いました。だいぶ治療が進んで参りました。先日下顎前歯の補綴処置が終わりました。
初診時               最近の写真
00000018889365Panorama_20080707225124-thumb.jpg 00000018_IntraOral_20110912288089733342-thumb.jpg

治療開始当初             数ヶ月前
000000188807365_Panorama_20080805105944-thumb.jpg 0000001888154365_Panorama_20110324181203-thumb.jpg

下顎前歯部の補綴物
0000001888978_IntraOral_20110907053941-thumb.jpg


インプラント-インプラント間の天然歯は戦略的に抜歯される事もありますが、患者様の希望も有りますし、感覚受容器としての働きも有り、生活歯であれば極力保存する方針です。
これまで長い道のり大変お疲れさまでした。残るはあと数カ所の補綴と修復処置です。もう少しおつき合いいただいてがんばって参りましょう!

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年08月20日:歯根破折 腫れないインプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
神経を失ってしまった歯は、条件が重なると歯根破折をおこすリスクが増えます。
残存歯質が少ない、メタルコアが入っている、ブリッジの支台歯となっているなど。
今回の患者様は正に上記の条件が重なり、さらに反対側の大臼歯部の噛み合せが無く左側臼歯部が負担過重となり、第二小臼歯が破折をおこしてしまいました。
抜歯後のインプラント治療には様々な方法が有りますが、今回は手術が一回で終わり、腫れ・痛みが比較的少ない抜歯即時インプラント埋入を選択させていただきました。
抜歯即時埋入            術前
000000192108_Panorama_20110820054323.jpg 0000001921254_Panorama_20110820044440.jpg


術前写真              破折をおこしていた歯根
00000019212435_Panorama_20110801130307.jpg 0000001921079_Panorama_20110820055201.jpg


抜歯即時埋入の利点は、手術が一回ですむ、治療期間が短縮される、低浸襲で腫れ・痛みが少ないという点が挙げられます。
既に欠損していた第一大臼歯部位にはこちらも低浸襲なフラップレス埋入を行いました。
患者様がインプラントをチョイスされた事で、さらなる天然歯の削合とブリッジを回避出来、欠損部を単独で補綴する事が可能になります。
途中で何回か休憩をしていただきながら(口を長時間開いていると顎も疲れます!)大変慎重に確実に行ったので一時間程かかりました。大変お疲れさまでした!

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年08月16日:ブリッジを回避してインプラントへ その後

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
夏期休診があった事もあり、久しぶりにインプラントの症例です。
以前ブリッジを回避してインプラントへとして紹介させていただいた患者様です。左下第一大臼歯部にインプラントを埋入しました。
左上のインプラントもオッセオインテグレーションしており仮の歯が入っています。先日左下のインプラントに最終補綴物が入りました。
術前               補綴処置後
0000002917_IntraOral_20110222031151-thumb.jpg 0000002917_IntraOral_20110816042438-thumb.jpg


術前               補綴物装着後
0000002917_Panorama_20100906180650.jpg 0000002917_IntraOral_20110815162145.jpg


CTシュミレーション
47000002917_Panorama_20110423044456.jpg 957800002917_Panorama_20110423044417.jpg


左上の臼歯部が欠損しそのまましばらく放置なさっていたために臼歯部が廷出し、咬合崩壊が起こっております。咬合平面を理想的な状態に修正し、補綴物を作製しました。
これまで大変お疲れさまでした。引き続き上顎の補綴物を作製して参りましょう。
欠損補綴に対してインプラントを用いる事によって、ブリッジと部分入れ歯を回避する事が出来ました!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年08月08日:ナローインプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
以前細いインプラントとして紹介させていただいたナローインプラントを臨床応用した症例をご紹介致します。
下顎前歯部で骨幅が6mm程度しかありません。骨を外側に造成するGBR法か、内側から外側に拡げるスプリットクレストなどの手法を用いないと埋入は困難です。骨幅に合わせたナローインプラントを用いれば、侵襲が大きく治療期間が長期間に及ぶGBR法を用いる必要がなくなります。抜歯即時埋入を行えば手術回数は一回で終了します。
下顎右側側切歯(前から2番目の歯)、下顎右側犬歯の残根を抜歯し即時埋入を行いました。
側切歯CT画像           犬歯CT画像
0000003142365_Panorama_20110808211304.jpg 0000003142143_Panorama_20110808211334.jpg

術前              埋入後
000000314365_Panorama_20110714105334.jpg 0000003142967_Panorama_20110805163204.jpg

抜歯前             抜歯し、舌側を最小限剥離
00000031420678_Panorama_20110806040019.jpg 0000003142123_Panorama_20110806040724.jpg

埋入と骨補填          コラーゲンメンブレンを設置し縫合 
00000031420789_Panorama_20110806044246.jpg 000000314212_Panorama_20110806045110.jpg

舌下動脈などの損傷を避けるために、歯間乳頭を保存しながら舌側のみに剥離を行い、特に舌側の骨を穿孔しない様に注意を払い埋入を行いました。
前歯部にはZimmer社製のスプラインツイスト3.25(直径3.25mm)を用い、右下6には3.75mmをフラップレスで埋入しました。
今回のケースの様に狭小な幅の骨しか残存しない下顎前歯部や上顎側切歯などにはナローインプラントが有効です。ナローインプラントは手術をシンプルにし患者様への浸襲を軽減し、症例を拡大してくれる強い見方となりそうです。


Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年07月26日:どれがインプラント? その2

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
先日の続きです。右上の側切歯(前から2番目の歯)が正解でした。
患者様は右上の中切歯、側切歯2本の連結した被せ物がコア(心棒)ごと脱離しました。
中切歯は何とか保存可能な状態だったため根管治療、ファイバーコアによる補強、セラミクスクラウンによる補綴を行いました。側切歯はフィステルもあり歯根破折が認められ保存不可能でした。ブリッジの場合何ともない犬歯を切削しないといけないので患者様は側切歯単独で行えるインプラントを選択されました。抜歯即時埋入を行いました。
初診時                補綴後
00000026074232_IntraOral_20110310232123.jpg 000000260712352_Panorama_20110723002436.jpg

抜歯即時埋入時            補綴後
0000002607098_Panorama_20110330105007.jpg 0000002607123_Panorama_20110722121958.jpg

抜歯即時埋入から補綴処置まで数ヶ月間に渡り大変お疲れさまでした。現在の良好な状態を維持出来ます様に、定期的なメインテナンスを受けていただき、一緒にケアして参りましょう。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年07月25日:どれがインプラント?

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯根破折をおこしてしまった歯を抜歯し、抜歯即時インプラントを行った患者様に最終的な補綴物が入りました。さて、どの歯がインプラント補綴した歯でしょうか?一本だけインプラントの歯が有ります。なかなか自然な仕上がりなので、見分けがつきにくいと思います。
一歯だけインプラントです       これが破折した歯根です
000000260712352_Panorama_20110723002436.jpg 00000026079578_IntraOral_20110330224546.jpg


患者様にも自然感のある仕上がりに満足していただきました。
正解は次回にお知らせします。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年07月22日:歯が割れたらインプラントへ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯根破折をおこしてしまった歯は保存できません。右下第一大臼歯が割れてしまった患者様です。第一小臼歯に欠損も認められます。歯根破折を起こした部位と欠損部にインプラントを行いました。
インプラント手術前          補綴処置後
00000029741314_Panorama_20101127040921.jpg 00000029741423_IntraOral_20110609035245.jpg


初診時レントゲン           補綴処置後レントゲン
00000029740531_Panorama_20101021124740.jpg 00000029740152_Panorama_20110608154813.jpg


インプラント周囲の神経を失った失活歯は歯根破折を招きやすいというデータが有りますので、今回のケースもインプラントインプラント間の歯が破折してしまう可能性が有ります。インプラント治療と並行して根管治療、ファイバーコアによる補強とセラミクスを用いた補綴処置も行いました。
やはり天然歯は一番優れており大切であると言う考え方に変わりは有りませんので、保存する努力は怠りません。
長期間に渡る治療大変お疲れ様でした。今後も定期的なメインテナンスでお付き合い下さい!

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る