[2011.07.20] 
最新情報
歯が無くなっても安心

新着情報

新着情報:カテゴリー「症例vol.18」

2011年07月20日:歯が無くなっても安心

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯が無くなったら入れ歯ですね。全て歯を失ったら総入れ歯となります。年齢によっては総入れ歯は受け入れられない場合もありますよね。となるとインプラント治療となる訳です。
歯をほとんど失ってしまった患者様です。
今でも忘れられません。患者様はおっしゃいました。「人前で笑いたいんです」
取る物も取り敢えずといった感じで入れ歯を作らせていただきました。
しかし、入れ歯では笑っていただけませんでした。
患者様よりのたっての希望でインプラント治療となりました。
初診時口腔内写真           取り急ぎお作りした入れ歯
0000003142213879_IntraOral_20110412040731.jpg 000000314221398_IntraOral_20110412040857.jpg


初診時レントゲン写真         上顎インプラント埋入時
0000003142123_Panorama_20110222122147.jpg 0000003142213_Panorama_20110714105334.jpg


そして患者様は上顎の埋入が終わった今現在、下顎の歯もインプラントを考慮中です。
極力患者様のご要望にそった方法でがんばらせていただきますので、じっくり考えていただいております。
下顎前歯には新しく出たナローのインプラントなど最適かもしれませんね。
とにかく「人前で笑える」口元作りを目指して一緒にがんばりましょう!
タイトルが「歯が無くなっても安心」となっております。歯を失わないのが一番ですし、なるべく歯を残す努力も致しますが、なくなっても何とかします!という事で、、、
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年07月15日:歯が割れたらそこだけインプラント その2

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
先日の続きです。本日最終補綴物が入りました。形態は仮の歯とほぼ同じですが、周囲の歯に合わせてセラミクスで作製したので色はだいぶ自然感が出ました。
アクリルレジンで出来た仮の歯よりもセラミクス歯表面が滑沢でプラークもつきにくいため、周囲歯肉のクリーピングも期待出来ます。
術前               補綴物セット時
0000003158365_Panorama_20110401012432.jpg 0000003158253_IntraOral_20110715223930.jpg


スクリュー固定式のセラミクスクラウンの構造はこのようになっております。
0000003158142_IntraOral_20110715220022.jpg 00000031588698_IntraOral_20110715215929.jpg


これから少しでも長くいい状態を維持して行くためには、定期検診・メインテナンスの際に咬み合せの確認・調整やクリーニング、ブラッシング指導などを受けていただくのが重要です。3ヶ月間大変お疲れさまでした。これからはスタッフ一同メインテナンスでお待ちしております。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年07月14日:歯が割れたらそこだけインプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯根破折が起きてしまうと抜歯の適応となり今までは両隣の歯を利用したブリッジによる治療が一般的に行われていました。近年はインプラント治療のエビデンスが確立し、確実な方法として普及して参りました。
左上前歯が歯根破折してしまった患者様です。右上前歯は根管治療を行い症状は改善しました。可能な所は保険治療を希望されていたため右上前歯は保険治療で補綴を行う事になりました。歯根破折した左上前歯は改善が認められないためコンサルテーションによってインプラント治療をご決断されました。
抜歯直前               抜歯即時埋入後約3ヶ月経過
0000003158365_Panorama_20110401012432.jpg 00000031580878_IntraOral_20110705221951.jpg

初診時レントゲン写真 抜歯即時埋入後約1ヶ月経過時点
0000003158143_IntraOral_20110308163858_02.jpg 0000003158089_IntraOral_20110513103859.jpg


抜歯即時埋入時            破折していた歯根
0000003158134_IntraOral_20110420003557.jpg 0000003158140_IntraOral_20110420014201.jpg


歯肉縁下約4mmに埋入         コラーゲンでコーティング
0000003158098_IntraOral_20110420010136.jpg 00000031580989_IntraOral_20110420010306.jpg

抜歯即時インプラント埋入後役3ヶ月経過時点で歯肉も成熟し安定しているので今週中にも最終的な被せ物をお入れ出来ます。確実に行えば抜歯即時インプラント埋入方法は、手術回数は1回で済み治療期間も短縮出来る優れた方法です。
歯が割れたりだめになったらその歯だけインプラントに置き換える事がポピュラーになりつつ有ります。
(※全顎的に歯周病が進行したケースや咬合崩壊が起こっているようなケースでは、全顎的に治療計画を立てて戦略的な抜歯を行い多数のインプラントを用いて咬合再構成を行う必要性を伴う場合も有ります。)

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年07月08日:インプラントの3年目のメインテナンス

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
インプラントのメインテナンス3年目のT様の最近のご様子です。
インプラント周囲は経過良好ですが、他の天然歯部位に歯肉の炎症が起きてしまったのでスケーリングやブラッシング法の再確認等をさせていただきました。そしてインプラント周囲の天然歯の歯頚部楔状欠損をコンポジットレジン充填しました。その際の写真と3年前の比較です。インプラント周囲は健康で十分な角化歯肉が存在します。セラミクスの咬合面に多少摩耗が認められますが問題は有りません。
補綴直後(約3年間)       現在の状態
000000070721_Panorama_20080802054618.jpg 0000000707324_Panorama_20110707043946.jpg

そして3年前と先日撮影したレントゲン写真の比較です。プラーットフォームスウィッチング(シフティング)してあるためと、抜歯後の骨の成熟も有り、当時より骨不透過性が増し骨の増殖も僅かに認められ非常に良好な状態です。
補綴直後のレントゲン写真     現在のレントゲン写真
000000070712_Panorama_20080801181647.jpg 000000070731_Panorama_20110706163017.jpg

プラットフォームスウィッチングしてあると確実にインプラント周囲歯肉は厚みを獲得し非常に安心感が有ります。そして当然骨の状態も安定します。
今後も定期的にメインテナンスさせていただき(実は前回から少し間隔が空いてしまいましたね)良好な状態を維持して行ける様に一緒にがんばって参りましょう!

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年07月01日:安全設計で行きましょう!

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
前歯に入れてもらったブリッジの支台歯が割れてしまい、化膿し匂いがして困るという患者様がいらっしゃいました。左右犬歯と犬歯間6前歯を、犬歯と犬歯だけで支えるブリッジでした。6本分の力が2本の歯に加わります。しかも前歯にはカンチレバー的な力が加わります。設計に無理が有るので負担加重となり左犬歯が歯根破折をおこしてしまったのです。実際の橋で想像して頂いてもわかると思いますが、橋が長くなれば橋を支える両側の橋台だけでは支えきれないので間に幾つか橋脚がおかれる事になります。これが無ければ橋は落ちてしまうか、橋台が崩壊してしまいます。
瀬戸大橋(もし間の橋脚が無かったら?) CTシュミレーション
475675607.jpg 3D_20110630182752.jpg


術前正面観        破折してしまった左上犬歯
00000031340869_IntraOral_20110218040419.jpg 000000313498697_IntraOral_20110218040328.jpg


術前レントゲン         埋入後レントゲン
00000031340780_Panorama_20110217153742.jpg 000000313453243_Panorama_20110624124645.jpg

こうなってしまうと入れ歯となるか、インプラントの力を借りるしか有りません。患者様はインプラントを選択なさいました。
6歯分の力を3本のインプラントで支える構造となりました。実際の橋の構造で言えば橋台間に橋脚が設置されたので安心です。
現在は仮の歯が入っております。インプラントが骨接合するのを待つ間に天然歯の根管治療などして残存歯も長持ちする様にさせていただきます。もうしばらくかかりますが、一緒にがんばって参りましょう!先ずはインプラント手術大変お疲れさまでした!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年06月28日:入れ歯の回避・機能回復にインプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
大臼歯を2本失ってしまうと従来の治療法では部分入れ歯かロングスパンブリッジとなります。部分入れ歯は煩わしさがあり、審美性におとります。ロングスパンブリッジ(欠損歯が多く長いブリッジ)は支台歯が予後不良となり更なる欠損の拡大を招きかねません。そこで欠損補綴にはインプラント治療が有効となります。上顎であれば上顎洞底の位置、下顎であれば下歯槽神経の走行に制限を受けます。今回は上顎洞底までの距離に制限があるためリフティングドリルを用いてソケットリフト法でインプラント埋入させていただいた患者様に最終補綴物がセット出来ました。
右上第一、第二大臼歯欠損部に2本のインプラントを、埋入しました。
術前および術後の口腔内写真           
000000009312320110209033324_Panorama_.jpg 000000009310293_Panorama_20110625230218.jpg

術前および術後のレントゲン写真
0000000093129_Panorama_20110118095642.jpg 0000000093098_Panorama_20110625105835.jpg

インプラントを選択していただいた事によって、部分入れ歯や延長ブリッジを回避することができ、しっかりと咀嚼できるように機能的な回復と、セラミクスクラウンを被せた事により周囲と調和した審美性の回復も出来ました。手前の歯の歯頚部等はコンポジットレジン充填を行いました。
今後長持ちする様にメインテナンスにおこしいただき、歯肉の状態や噛み合せなどをチェックさせていただきます。大変お疲れさまでした、今後ともよろしくお願いします!

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年06月22日:大きな骨欠損へのインプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
カリエス(虫歯)や歯周病に罹患した歯、または欠損歯を放置する事で噛み合せは崩壊し、周囲歯槽骨は大きなダメージを受けてしまう事が有ります。
左下の第一大臼歯が欠損し放置なさり、第二大臼歯、智歯は傾斜し噛み合せは崩壊し著しく大きな骨欠損が出来てしまいました。保存不可能な左下第二大臼歯、智歯を抜歯し感染組織を除去し、その間全体的な治療を行い骨と難組織の再生を待ちました。
そして先日左下欠損部位に2本のインプラントを埋入しました。
先ずはCTデータを基に診断・シュミレーションを行いました。
0000002742586_Panorama_20110622065507.jpg 0000002742123_Panorama_20110622065517.jpg


初診時と埋入直後のレントゲン写真
0000002742121_Panorama_20100412150559.jpg 0000002742421_Panorama_20110621164208.jpg


埋入前と直後の口腔内写真
00000027420232_Panorama_20110622033403.jpg 00000027420832_Panorama_20110622044604.jpg


CTデータによると骨の幅は十分でしたが、下歯槽神経までの距離がシュミレーションするとインプラント尖端から2〜3mmしか余裕の無い状態でした。第一大臼歯、第二大臼歯相当部位にそれぞれ10mm, 8mmのインプラントを埋入しました。8mmのショートインプラントと前のインプラントを連結固定する計画です。
今後左上のインプラント処置を行い、上下の噛み合せを構築して行く予定です。
下顎は4〜6週で骨接合(オッセオインテグレーション)が得られますので仮の歯を入れて咬んで頂く事が可能になります。インプラント手術大変お疲れさまでした。次回は上の手術ですね。一緒にがんばって参りましょう!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年06月16日:狭い箇所へのインプラント埋入

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯が抜けたままにしておくと、欠損部に向かって奥から歯が移動してきてしまいます。平行移動すれば問題は起きませんがそうは行きません。前に向かって傾斜して倒れ込んできます。咬み合わさっている歯も欠損部に向かって廷出してくるため、欠損を中心として噛み合せが崩れて行ってしまいます。
 右下第2小臼歯の欠損を放置したため第1大臼歯が前方に傾斜してきてしまった患者様です。欠損部が狭くなっています。1インプラントにそのまま補綴、2矯正治療を行い傾斜歯をおこしてからインプラントに補綴、3第1大臼歯の近心を少し形態修正してからインプラントに補綴、以上3つの治療法から患者様が検討中です。先ずはインプラントの埋入を行いました。直径3.75mm長さ10mmのインプラントを1回法で埋入しました。
術前および術後口腔内写真
000000099209_Panorama_20110611010647.jpg 0000000992_Panorama_201106110202100.jpg

術前および術後レントゲン写真
000000099212_Panorama_20090925111341.jpg 000000099234_Panorama_20110610135813.jpg

8週くらい待って、先ずは仮の歯をお入れします。
欠損はなるべく放置せずに早めに処置をして頂きましょう。その前になるべく歯を失うような事が無い様に予防に心がけましょう!

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年06月07日:前歯のインプラント治療

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
前歯のブリッジが揺れて来てしまった患者様にインプラント治療をさせて頂きました。
奥歯にもしっかりとした噛み合せが必要なので、インプラント処置をさせて頂いておりました。奥歯のインプラント治療や補綴治療がもう一息という所まで来ました。
前歯は4歯が連結されたブリッジとなっており、歯頚部や隣接面に自然感・立体感を出すためにシェードの濃淡が付与されていました。濃い(暗い)色を先日少し除去、研磨させて頂きましたのですっきりとしました。
CTシュミレーション
00000026882323_IntraOral_20100713070043%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg 000000268812352_IntraOral_20100713070016%2023.jpg


術前および術後
000000268893286498_Panorama_20100228013046%20.jpg 0000002688143_IntraOral_201106050050397.jpg

術前および術後のレントゲン写真
0000002688_Panorama_20100227130920.jpg 0000002688_Panorama_20110416112233.jpg


保存不可能な左右の側切歯を抜歯し、抜歯即時埋入を行いました。手術は一回だけで済みました。インプラントを用いる事によって、機能的な面だけでなく審美性も回復する事が出来ました。
今後奥歯に埋入したインプラントのインテグレーションが確認出来次第、補綴処置を行います。治療のゴールが近づいてまいりました。今しばらく一緒にがんばって参りましょう!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年05月30日:CTシュミレーションでリスク回避

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
インプラント治療における偶発症のリスクを回避し、より精度の高い低浸襲な治療を行う目的でCT撮影と診断ソフトiCAT LANDmarker™を用いてインプラントシュミレーションを行っております。
左下の第2小臼歯、第1大臼歯、第2大臼歯の3歯欠損です。OPの二次元的写真では第2小臼歯部位にも埋入可能に見えます。ところが、CTで3次元的に見ますと狭小な歯槽骨幅とオトガイ神経のループの存在で埋入不可能である事が診断出来ました。
リスクを冒さず、第1大臼歯と第2大臼歯に2本埋入し、補綴物を連結して前方に張り出す近心カンチレバーの設計としました。カンチレバーは近心と遠心に差異は認められないと言うデータや近心の方がいいというデータもあります。清掃性や力の加わり方を考えると私は近心の方が優れていると考えております。
術前と埋入後
00000031347465_IntraOral_20110218040429.jpg 00000031349868_Panorama_20110513011450.jpg

00000031340970_Panorama_20110329171613.jpg 00000031341432_Panorama_20110428180048.jpg

第1大臼歯と第2大臼歯
0000003134075_IntraOral_20110531050940.jpg 000000313409709_IntraOral_20110531050919.jpg

そして第2小臼歯相当部位
000000313414324_IntraOral_20110531051210.jpg 00000031346546_IntraOral_20110531051259.jpg

第2小臼歯付近は骨の形状やオトガイ神経の走行からリスクの高い部位であり、今回はCTシュミレーションによって偶発症のリスクを回避し、確実な手術を行う事が可能となりました。

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年05月16日:上顎のインプラント手術

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
先日左の下にインプラントを埋入させて頂いた患者様に対今回左上の治療を行いました。本来は上から手術する所ですが、インプラント初体験の方でしたので恐怖心や不安を取り除くために先ず慣れて頂く目的も有り比較的に楽な左下1本の埋入からさせて頂きました。その際腫れや痛みも無く患者様の手術に対する恐怖心も払拭されたため引き続き今回の手術となりました。
術前と埋入後です
000000291712_IntraOral_20110222031207.jpg 00000029171321_Panorama_20110514213650.jpg

0000001339246127_Panorama_20110422161537.jpg 0000002917123021930_Panorama_20110513165832.jpg

00000029171232_Panorama_20110514071433.jpg 0000002917123_Panorama_20110514071410.jpg

今回もCTシュミレーションに基づいて手術を行いました。
手前の2本は通常埋入、後方の1本はサイナスリフティングドリルを用いてソケットリフトを行い埋入しました。さらに後方に行くと骨の条件が悪くなるので、6番相当部の洞底がスロープになっている箇所に埋入したためリフティングドリルが有効でした。骨補填はβーTCPとHAを半々にさらにミノサイクリンを混合して填入しました。
翌日の消毒の際に経過をお伺いした所、痛み止めを服用する必要がなかったとの事でなによりです。2ヶ月程待ってプロビジョナルを作製して噛み合せを作って参りましょう。今しばらくお待ち下さい。大変お疲れさまでした!!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年05月11日:ブリッジを回避してインプラントへ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
先日インプラント治療を行わせていただいた患者様です。
左下第一大臼歯を抜歯して待時埋入しました。CTシュミレーションを行い歯槽中隔の骨を目印にして埋入しました。2ピースのインプラントを一回法で頬側の歯肉を増やす処置をしながら埋入しました。写真は術前と埋入一週経過後です。レントゲンは抜歯前と埋入直後です。術後心配していた腫れや痛みもほとんどなかったとの事で良かったですね。今度は上3本、一緒にがんばりましょう!
000000291723455_Panorama_20110423033614.jpg 0000002917143_Panorama_20110430220004.jpg 0000002919898_Panorama_20100906180650.jpg 00000029179898_Panorama_20110422161537.jpg 000000291709809_Panorama_20110423044456.jpg 000000291790809_Panorama_20110423044417.jpg

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年05月08日:インプラント周囲のクリーピング

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
インプラント治療後の定期的なメインテナンスにおこしいただいている患者様です。オペから約1年半経過しました。歯根破折をおこした歯にインプラント治療させていただきました。インプラント周囲歯肉のボリュームが不足していたのですが、徐々に回復傾向に有り歯肉のクリーピングが認められます。
補綴後と昨日の比較です
00000011820980_Panor.jpg 0000001182365_Panor.jpg

インプラント補綴させていただいた左上第2小臼歯周囲の歯肉のボリュームが増え、クリーピングが認められます。
患者様がしっかりとお手入れして下さっているため良好な経過をたどっております。
歯肉のクリーピング現象とは、退縮した歯肉が徐々に歯根をはうように増えてある程度再生する現象です。オートマの車がDでするすると前に出る事もクリーピングと言いますし、コーヒーに入れるあれもコーヒーの表面をはう様に溶けて広がります。
クリープを入れないコーヒーは好みが分かれる所でしょうが、歯肉のクリーピングは歯科医師にとって大変ありがたい現象です( ^_^)


Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年05月06日:咬合崩壊への対応

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯周疾患が進行し並行して咬合性外傷が混在し、さらに進行すると重篤な咬合崩壊を招く結果となります。歯周疾患の進行→臼歯部の欠損→咬合高径の低下→下顎位前方シフト→下顎前歯フレアアウト→上顎前歯への突き上げ→上顎前歯フレアアウト おおまかにこのような経過をたどったと思われる咬合崩壊をおこした患者様の治療経過です。治療計画はどれだけ時計を逆回しにできるかという事で、歯周病治療→臼歯部咬合の確立→咬合高径の確保→下顎前歯フレアアウトの修正→下顎位前方シフトの修正→上顎前歯フレアアウトの修正→上顎アンテリアカップリングの確立 となります。治療経過です
術前             現在
00000026011432_Panorama_20091203234128.jpg 000000260174886_IntraOral_20110427010455.jpg


治療経過
000000260114312_Panorama_20091203113101.jpg 0000002601070878_Panorama_20101016005325.jpg


000000260114324_Panorama_20110126121545.jpg 00000026010587_IntraOral_20110426122755.jpg

歯周病治療、部分的な矯正治療、CT撮影→コンピューターシュミレーションに基づいて臼歯部と前歯部にインプラント治療を行いました。
しっかりとした咬頭かん合位、適切な咬合高径(バーティカルストップ)の確保、咬頭緩衝を避けるため十分な咬頭傾斜の付与、そして良好なアンテリアカップリングをもつ事。安定した噛み合せを確立する為のこれらの条件を満たす事は歯周疾患の進行した患者様において非常に困難でした。インプラント治療は欠損を補い周囲をサポートしてこれら噛み合せの安定をはかる一助となります。
やっと前歯をお入れする事ができました。もうじき下の歯の矯正治療を終了し保定に入りましょう。長期間に及ぶ治療大変お疲れさまでした!

Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年05月01日:前歯のインプラント治療

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
他院で何度も根管治療を行うも改善されず、暫間固定している歯が外れて来院された患者様です。複数回の根管治療でも良くならず、腫れと痛みがひどくインプラント治療を希望されインプラント治療を行いました。最終補綴物が入り先日噛み合せのチェックにいらした時に写真撮影させていただきました。
術前             術後
0000002972254354_IntraOral_20101021012512.jpg 000000297214243_IntraOral_20110501004622.jpg


0000002972498233_IntraOral_20101020125950.jpg 000000297214325y4_IntraOral_20110427125520.jpg

インプラント埋入時
00000029721424_IntraOral_20101116041154.jpg 000000297263543_IntraOral_20101116042039.jpg


CT&コンピューターシュミレーション
IMG_63716.jpg IMG_63728.jpg


補綴物
0000002972144t36_IntraOral_20110412221650.jpg 00000029720798_IntraOral_20110412221818.jpg

インプラントの被せ物を作る為の1回目の型取りの際に誤差が生じてしまい、補綴物がセット出来ませんでした。2度目の型取りを行い技工物を再製して頂きました。患者様は補綴物が入る事を楽しみになさっている訳ですし、技工士さんは一歯入魂で作製して下さっている訳なので誤差の生じるミスから皆さんにご迷惑をおかけしてしまい反省の日々でした。ようやっと2回目の作製で良好な適合を得られホッとしました。すみませんでした。もう一度念のため噛み合せのチェックとクリーニングを行います。ひとまずこれまで大変お疲れさまでした。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年04月13日:歯が割れてしまったら

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
こんにちワン!
割れてしまった歯根を抜歯してインプラント治療を行わせて頂いた患者様のその後です。
低浸襲の抜歯即時インプラントを行わせて頂いた患者様です。
歯根破折           抜歯即時埋入時
0000001868365_Panorama_20101119035313.jpg 0000001868698_Panorama_20101118161025.jpg


補綴物装着時         レントゲン写真
0000001868_IntraOral_20110414042707.jpg 000000186809709_IntraOral_20110413162342.jpg

補綴物はセラミクスをインプラント体にスクリュー固定を行いました。
もし今後トラブルが出たら、被せものだけやりかえると言う事も簡単に出来ます。
大変お疲れさまでした。
今後もメインテナンスなどで定期的に拝見察させて下さいね!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年04月08日:フィステルの消失

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
神経を失った失活歯で根先に病巣が出来ると膿みの出口である婁孔(フィステル)が出来ることが有ります。
膨らんではつぶれたりを繰り返す場合や、繊維化してある程度の大きさで留まっている場合もあります。根管治療で改善する場合も有りますが、歯根破折を伴っていたり大きな根先病巣の場合は、歯根端切除手術や抜歯を行わないと治癒しない場合も有ります。
以前に根管治療によってフィステルが消失した症例をご紹介しました。
今回は、保存不可能な歯を抜歯し、抜歯即時インプラント手術を行った患者様のフィステルが消失する経過をご説明致します。病巣の確実な除去が不可欠な術式です。
術前            レントゲン写真
10000002607_IntraOral_20110302232319.jpg 10000002607_IntraOral_20110215114223.jpg

抜歯即時埋入時       レントゲン写真
20000002605857_IntraOral_20110330230944.jpg 20000002607_IntraOral_20110330110637.jpg

術後1週間経過
30000002607__IntraOral_20110331234419.jpg

術後2週間経過
40000002607_IntraOral_20110408030905.jpg

フィステルの消失して行く過程が良く観察出来ます。腫れなどの炎症も僅かで難組織の治癒も良好です。
病巣が確実に除去され、インプラントと骨や周囲軟組織が適合し、骨接合(オッセオインテグレーション)が確立されて行っているものと推察出来ます。
今回は抜歯即時インプラントの術式において、病巣の徹底的な除去とそれによるフィステルの消失という側面から解説させていただきました。


Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年04月06日:リフティングドリルで上顎洞底挙上

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯の喪失の三大原因 には、むし歯,歯周病,歯の破折 が挙げられます。
右上の大臼歯部を歯根破折で失ってしまわれた患者様です。先ず一番奥の第二大臼歯を歯根破折で失い、しばらくしてから第一大臼歯も歯根破折をおこしてしまいました。破折をおこすと抜歯するしかありません。
第一大臼歯の破折     抜歯後の大きな硬・難組織欠損
0000000093645_Panorama_20101020095125.jpg 0000000093_Panorama_20110209033320.jpg

リフティングドリルで挙上・埋入  骨欠損部への骨補填
00000000936798_Panorama_20110208162203.jpg 00000000936546_Panorama_20110208164546.jpg

歯根破折歯周囲は抜歯後に、非常に大きな硬・難組織の欠損が生じます。
インプラントを埋入する骨も制限を受けます。ハイドロキシアパタイトコーティング(HA)インプラントは骨量・骨質に左右されず使用出来る所が特徴であり、上顎洞底挙上術に用いるのも非常に有効です。生体活性材料であるHAが、骨補填材であるβ-TCPと血液が存在する事で速やかに骨接合(オッセオインテグレーション)をおこし、周囲に骨を作ります。
オステオトーム法を用いたり、今回の様にリフティングドリルを用いる事で、上顎洞底挙上術が安全で確実に行えます。
shr1121.jpg

さて、もう少ししたら、上部構造を作って参りましょう!
これから楽しみに待っていて下さい!!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年04月05日:臼歯部をインプラントで再建

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯周病で歯の喪失→ブリッジにする→支台歯が駄目になりさらに歯の喪失を招く→長いブリッジになるという負のスパイラルのお話を以前させて頂きました。
ブリッジ×歯周病のために歯を喪失してしまった方の臼歯部をインプラントで欠損補綴させて頂きました。
術前             補綴後
0000002480967_Panorama_20100222230118.jpg 000000248087687_IntraOral_20110401232230.jpg


インプラント埋入時      アバットメント締結時
0000002480967_Panorama_20100222234733.jpg 000000248046547_IntraOral_20110401232208.jpg


歯周病治療、矯正治療、インプラント治療を必要とする全顎的な治療は、比較的治療期間が長期に及びます。だいぶ治療も進んできましたが、後は左下の問題を解決して行きましょう!
もう少し一緒にがんばって参りましょう!!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る

 

2011年04月02日:前歯の外傷をインプラントで

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
以前外傷による歯の影響を説明させて頂きました。
後々影響が表れ状況は徐々に悪化して行き、ご本人が耐えられなくなるか、抜歯にいたる場合もあります。
前歯2本に外傷を受けた患者様で、右上の前歯は根尖数ミリの所で破折し根充剤が漏出し、病変が出来、歯肉のフィステルから度々排膿しておりました。左上の前歯も歯根破折し、歯冠の変色が顕著に見られます。
患者様の希望からインプラント治療を行わせて頂きました。
抜歯即時インプラント手術を行いました。オペは抜歯を含め一回のみです。
術前
000000303174766349.jpg 000000303177689_IntraOral_20101206102722.jpg

抜去歯の状態
0000003031_Panorama_20110118013422_02.jpg 000000303177689_IntraOral_20101206102722.jpg


補綴時
000000303136545983.jpg 000000303125743_IntraOral_20110329120022.jpg


主訴である腫れと排膿を繰り返していた右上前歯のフィステルは消失し、左上破折歯の変色もインプラント補綴により解消されました。
連続した前歯のインプラント治療は難易度が高いですが、CT診断とコンピューターソフトによる診断、HAインプラントを選択した抜歯即時埋入を行う事によって、最小限の浸襲で良い結果を得られたと思われます。
時間的な制約もある中、ギリギリのタイミングで終了する事が出来ました。
大変お疲れさまでした!
患者様のT様、新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

ページのトップに戻る