エアードライヤー逝く

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長の仙田です。

開業して13年もたつと、あちこちおかしな所が出て来ます。この間突然機械室のエアードライヤーという機械が壊れてしまいました。この機械は、歯科治療には必須の圧縮空気を作るエアーコンプレッサーの湿気を取り除く機械で縁の下の力持ち的な働きを担っていてくれました。13年間患者様の歯と口の健康のために働いてくれてありがとう!

そして新しいエアードライヤーに変わりました。だいぶコンパクトになってかっこ良くなりました。(普段は見えないんですけどね。)しかもなんと電子制御されているらしいです(前のはされていなかったのか???)。

こころなしかドライなエアーが出ている感じです(^^)

おつかれさま         そしてこんにちは!

投稿日:2018年3月2日  カテゴリー:こだわりの逸品, 日記

ページトップへ