北斎とジャポニスム

院長の仙田です。

この間の土曜日に上野の国立西洋美術館で開催されている「北斎とジャポニスム」を観て来ました。サブタイトルはHOKUSAIが西洋に与えた衝撃です。モネ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、etc.みんな北斎が好きで、学んだ所が大きかったのですね。この展示がまた面白くて、北斎とそこからインスパイヤされた作品が並んで展示してありました。おお、なるほどこのようにインスパイヤされてこのように表現すると、この有名な作品となるのか。と、ただ作品を楽しむだけでなく、対比するのも面白かったです。しかし、200年も前の日本の芸術家が世界に衝撃を与え、後世の我々がこのように改めて楽しめるって、北斎は本当に凄いですね。

北斎の絵に対面したのは善光寺近くの北斎館以来でした。なつかしいな〜。

そして良い絵を見た後はお腹が減ったので、さくらテラスに有るLA COCORICOで美味し〜いロティサリーチキンを食べて帰りました。心もお腹も満腹の上野散策でした(^^)

投稿日:2017年11月21日  カテゴリー:日記

ページトップへ