矯正治療終了 お疲れさまでした!その6

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
先日歯列矯正が終了した患者様です。乳歯と永久歯が混在している混合歯列の後期から治療を始めさせていただきました。今まで煩わしい装置を付けていただいたり面倒なブラッシングを頑張ってくれたおかげで噛み合せも良くなりました。今まで頑張ってくれて本当にお疲れさまでした。後数回噛み合せのチェックなどをさせていただきます。
 上顎前突傾向も有り、過蓋咬合といって下顎が後退して噛み合せが深く、下の前歯がほとんど見えない状態でした。咬合斜面板を用いて顎位を改善して臼歯部を挺出させました。その後舌側から咬合誘導を行い永久歯放出スペースを確保して行き、最終的にはマルチブラケットで仕上げの矯正治療を行いました。
初診時正面観          現在の正面観
0000001108132_IntraOral_20080412045521.jpg 000000110812421412_IntraOral_20150826153643.jpg
初診時側方面観         現在の側方面観             
00000011089879587_IntraOral_20080412045617.jpg 000000110890562947268_IntraOral_20150826153706.jpg
咬合斜面板          マルチブラケットによる仕上げ
00000011080759128037163_Panorama_20081115065027.jpg 000000110807124583967_IntraOral_20150401104901.jpg
当院ではなるべく非抜歯による、歯を抜かない矯正治療を心掛けております。そのためには乳歯列期や混合歯列期(乳歯と永久歯の混在した時期)から治療を始めさせていただく場合も多々有ります。街の歯医者として子供たちの歯、歯列、噛み合せを見守り、時には無理の無い範囲で介入させて頂き、健やかな成長のお手伝いが出来ればと考えております。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院

投稿日:2015年8月29日  カテゴリー:非抜歯症例, 歯列矯正治療

ページトップへ