歯みがき指導

今日は午前の診療を早めに切り上げて学校歯科医を務める西巣鴨中で歯科講話と歯磨き指導を行ってきました。
なぜ歯みがきが必要なのか?という事を中学一年生になった皆に話して来ました。
虫歯、歯肉炎などを起こさないのはもちろんです。それだけでは無く、今現在もエチケット・身だしなみとして歯みがきはとても重要です。虫歯や歯周病、口臭が有ってはイメージダウンになってしまうかもしれません。今後中学校を経て高校を卒業して社会に出たり大学に進学する際にも自分の希望する職種に就く、学校に進学するにあたり虫歯、歯肉炎や歯周炎などの疾患、歯列不正などにより自信をもって笑えない、滑舌が悪いなどの問題が有るとすると、希望する進路に進む妨げとなってしまうかもしれません。今から完成しつつある永久歯列を健康に保ち、可及的に歯列不正も改善し、歯と口腔の健康を維持増進して行く意義を話しました。さらに、8020運動のお話もしました。80歳で20本の歯を保ちましょうというお話です。今現在、そして社会に出る近い将来、そして高齢者になっても健康な歯を保って行く意義をお話ししました。中学一年になった皆に話してもピンと来ないのではないかという危惧は有りましたがあえてお話ししました。ブラッシング法や歯肉炎8020運動のDVDを観てもらってから予め生徒にアンケートを取っておいた質問に答えるなどしたのち、教室に移動して衛生士さんによる懇切丁寧なブラッシング指導を行いました。みんな素直に集中して自分の歯ぐきの観察や染め出しした歯の観察、ブラッシングに取り組んでいました。小学校から続けて来たブラッシング指導の授業も今回の中学校一年生の授業でおしまいになります。これから徐々に様々な意味で自立していくにあたり、ブラッシングも頑張り健康的な口元で心身の健康も維持しながら、明るく楽しい学校生活を謳歌してもらいたいと思いました。
IMG_7751.jpg IMG_7750.jpg

Good day & Peace!

投稿日:2015年7月10日  カテゴリー:日記

ページトップへ