反対咬合(受け口)の治療はお早めに!その3

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
一般的に「受け口」と呼ばれる反対咬合(下顎前突)の幼児期における発症率は4%であるというデータが有ります。
そのうち反対咬合の自然治癒率はどのくらいの割合だと思いますか?
じつは僅かに6.4%でしかないというデータがあります。
つまり94%の反対咬合の患者様は経過観察しているだけでは改善されないと言う事です。
当院では乳歯列期の反対咬合、混合歯列期(第一第臼歯等の永久歯が萌出し乳歯と混在)の反対咬合それぞれに合わせた早期治療「咬合誘導」をお勧めしております。今回は混合歯列期の中切歯を中心に存在する反対咬合に対して舌側弧線装置(3Dリンガルアーチ)で治療させて頂きました。
僅か数週間で被蓋関係を改善出来、反対咬合が治りました。
術前(正面観)          術後(正面観)
000000292042198749123784_IntraOral_20141030164038.jpg 0000002910406358476321_IntraOral_20150407183446.jpg
術前(側方面観)         術後(側方面観)
0000002910430261583723_IntraOral_20141030164110.jpg 0000002902434901638_IntraOral_20150407183515.jpg
装置装着時            治療中
000000129049028395176324592_IntraOral_20150203175059.jpg 0000002190493406198367t9273_IntraOral_20150407183526.jpg
今後永久歯列が完成されて行くと共に、最終的にはマルチブラケット法で仕上げる予定です。
小児矯正の長所は
1. 大人になってから矯正を行う必要性が低くなる
2. 歯列・歯槽骨の成長をある程度コントロールできるので、良い治療結果が得られやすい
3. 矯正で歯を抜く確率が低くなる
4. 大人になってから再度矯正治療が必要となる場合でも、矯正の治療期間が短くなり、良い治療結果が得られやすくなる
などがあげられます。
お子様の歯並びが気になったら、お気軽にご相談下さい。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院

投稿日:2015年5月10日  カテゴリー:咬合誘導, 歯列矯正治療

ページトップへ