反対咬合(受け口)の治療はお早めに!その2

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
子供の反対咬合(受け口)は様子を見ているだけでは治らない というお話を以前させていただきました。反対咬合の自然治癒率は僅かに6.4%でしかないというデータがあり、94%の反対咬合の患者様は経過観察しているだけでは改善されません。「様子見」をしているだけでは解決策にならず、何らかの介入をしてあげる必要性があります。成人してからでは、抜歯による矯正治療や顎骨切り手術が必要になってしまう事も有ります。小児期であれば、成長発育を利用して最小限の介入で反対咬合を改善する事も可能なケースがあります。
術前                現在
00000036272894718223_IntraOral_20121003053609.jpg 0000003627138163584712_IntraOral_20140318175249.jpg
咬合誘導装置
ムーシールド            切歯斜面板
0000003243627__IntraOral_20120523045929-thumb.jpg 00000036223271248_IntraOral_20130117173425.jpg
お子様本人と保護者様の努力の結果、大変良い結果が得られています。大変お疲れさまでした!
特に反対咬合(受け口)のお子様は小さいうち(4歳くらい)から治療を始める事で良い結果が得られますので、お気軽にご相談下さい。
小児矯正の長所は
1. 大人になってから矯正を行う必要性が低くなる
2. 歯列・歯槽骨の成長をある程度コントロールできるので、良い治療結果が得られやすい
3. 矯正で歯を抜く確率が低くなる
4. 大人になってから再度矯正治療が必要となる場合でも、矯正の治療期間が短くなり、良い治療結果が得られやすくなる
などがあげられます。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2014年3月19日  カテゴリー:咬合誘導

ページトップへ