一重まぶた

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
誰しもコンプレックスって大なり小なり有りますよね。私にもたくさん有って、小さい、いや中くらいの物に一重まぶたが有ります。両親と二人の兄はくっきり二重まぶたである事に物心ついた時に気がつき、母親に聞いてみました。なんせその頃兄二人には喧嘩するたびにお前だけ橋の下で拾われたんだと言ってはやっつけられていたのでした。兄二人は細身、私だけ超肥満児だったんですね。予断になりました。すると母親は、今は一重だけど、大人になるとそのうちにしわとか出来て二重になるから悩むんじゃないよ〜との返答でした。納得しませんでしたが心の片隅で僅かに期待はしていました。もうじき43になろうかという今、笑うと目尻の皺がヤバいくらいに増えました。しかし、まぶたはパンパン、ツルツルで皺も無く潔い一重まぶたのままだったのでした。
 先週他界した父のアルバムを母や子供達とワイワイ見ている際にざまざまな昔話に花が咲き、そのうちの一つに父親の二重まぶたと私の一重まぶたの話になったのでした。
 あたたかい励ましのお言葉をかけて下さった皆様、わざわざ遠い栃木で行われた葬儀に参列してくださった方々、その他様々な形で支えて下さった皆様に感謝致します。有り難うございました。頂いた中で、「父親を失った悲しみを乗り越え、いつも一緒にいられると思える様になった」というお言葉が有ります。私も父への感謝と思い出を胸に、そしてこの写真を時には思い出して、そのうち二重まぶたになる事を期待して、前に進んで行こうと思います。
(父の首に手を回すのは私の兄、そしてとなりの母親の腕の中には産まれて数ヶ月の私がいます)
1983601827459367539378123.JPG
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2014年2月16日  カテゴリー:日記

ページトップへ