隠れ虫歯に注意!

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯と歯の間の隣り合った面(隣接面)に出来る虫歯は気がつかないうちに進行している事が有ります。
歯科検診でも見落としてしまう事も有ります。レントゲン写真を取らないとわかりにくく、症状が出てからレントゲンを撮ってみると大きく進行していたなんて事も有ります。
左上の前から数えて4番目の小臼歯に違和感の出た患者様です。外観上は頬側の詰め物の下に虫歯が出来たのかな?と言った感じ。しかしレントゲン写真を取ってみると遠心隣接面から虫歯になっており、虫歯は神経に到達してしまっていました。
レントゲン写真(遠心隣接面に透過像) 根管治療後
000000233210_IntraOral_20121130103521.jpg 000000322110__IntraOral_20121207104043.jpg
術前                 術後
0000000393210__IntraOral_20110816222753.jpg 0000002413210_IntraOral_20130117102719.jpg
歯冠部は大部分のこっておりますが、歯の根元の部分がやられてしまい神経も失ってしまったので、やむなく補綴処置が必要となりました。今回はカウンセリングの上オールセラミックスクラウンを選択しました。周囲に調和した審美的な被せ物をお入れする事が出来ました。
歯の隣接面や歯肉溝には隠れプラークが存在します。隠れプラークはブラッシングだけでは落としきれません。日頃からデンタルフロスや歯間ブラシなどの補助的清掃用具をブラシと併用し隠れ虫歯を防ぎましょう。さらにマウスウォッシュなどもだめ押しに使うと口臭などにも効果大です。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2013年2月13日  カテゴリー:審美歯科治療, いろいろな治療

ページトップへ