歯並びと虫歯のリスク

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、仙田です。
歯並びが悪いとブラッシングしにくく虫歯のリスクが増加します。歯列不正は虫歯や歯周病にも悪影響を与えてしまうので治療した方が良いのです。
下の前歯は叢生(込み合った状態)になり易く、また年々悪化する傾向に有ります。
下の前歯に叢生があり、一本だけかなり内側に倒れこんでしまっている患者様です。その歯に痛みが出てしまいレントゲン撮影を行うと、虫歯が進行し神経にまで及んでいました。根管治療を行い歯並びをそろえて審美的に補綴治療を行いました。
術前              術後
000000117154_IntraOral_20110609000629.jpg 000000981171_IntraOral_20121023161517.jpg
術前レントゲン         補綴物
0000000871171_Panorama_20120910174839.jpg 000000116571_IntraOral_20121023161038.jpg
歯並びが良くなった事でブラッシングしやすくなり、プラークコントロールが良くなる事で虫歯や歯周病に罹患するリスクを低減出来ます。
歯列不正が著しい場合は上記の理由や審美性の観点から、歯列矯正や補綴処置を行う必要性がありますのでお気軽にご相談下さい。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2012年10月31日  カテゴリー:審美歯科治療

ページトップへ