反対咬合の早期初期治療(ムーシールド)

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
以前にご紹介した「ムーシールド」のお話です。ムーシールドは反対咬合用オーラルシールドです。乳歯列期の反対咬合は、「様子見」で自然治癒を待つまたは、永久歯列になってから治療を行うとされてきました。
一般的に「受け口」と呼ばれる反対咬合(下顎前突)の幼児期における発症率は4%であるというデータが有り、そのうち反対咬合の自然治癒率は僅かに6.4%でしかないというデータがあります。94%の反対咬合の患者様は経過観察しているだけでは改善されません。「様子見」をしているだけでは解決策にならないのです。
当院では乳歯列期の反対咬合、混合歯列期(第一第臼歯等の永久歯が萌出し乳歯と混在)の反対咬合それぞれに合わせた早期治療をお勧めしております。
乳歯列期で反対咬合が発見された場合、「ムーシールド」というマウスピースの様な簡単な装置を使用します。
このマウスピースを主に就寝時に装着して、筋機能訓練により患者様ご自身の口腔周囲筋力を整え、反対咬合を正常咬合へと導きます。
下顎4前歯の反対咬合の患者様です。
初診時正面観           現在
000000228246_IntraOral_20100825221700.jpg 00000022829675_IntraOral_20120106234346.jpg
初診時側方面観          装置を用いた筋機能訓練模式図
0000002282154_IntraOral_20110225231844.jpg 38354367.jpg
舌挙上              オトガイ過緊張
00000022829868_IntraOral_20110225232010.jpg 000000228262455_IntraOral_20110225232017.jpg
口唇閉鎖→オトガイの過緊張、前方への舌突出を行っていただきます。
お子様が御自身の筋力を用いて治療を行うため、なにより患者様と保護者様のがんばりにかかっています。一生懸命使って下さった患者様とご家族の努力によって良い結果を得られました。大変お疲れさまでした。今後も慎重に経過を見て行きましょう!
日本の歯科100選に当院が掲載されました
14362452453IMG.jpg
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2012年1月16日  カテゴリー:歯列矯正治療, 咬合誘導

ページトップへ