ビジョンを共有する ♯2

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
比較的広範囲に及ぶ補綴治療・審美修復治療に入る前には診断用ワックスアップが必要不可欠となります。診断用ワックスアップ作製(モックアップとも呼びます)→プロビジョナルレスとレーション作製というステップに従い患者様とビジョンを共有しながら治療を進めて参ります。
アングルⅡ級2類傾向の患者様の審美障害を補綴的に改善する際に診断用ワックスアップを行いました。今回はカウンセリングにより矯正治療ではなく補綴治療を選択なさった経緯が有ります。
初診時模型          診断用ワックスアップ
00000032791431_IntraOral_20111229032131.jpg 000000327965_IntraOral_20111222231943.jpg
初診時模型          診断用ワックスアップ
0000003279968_IntraOral_20111228235202.jpg 0000003279134_IntraOral_20111228235221.jpg
ワックスアップを見ていただき、ディスカッションして最終形のビジョンを共有してからプロビジョナルの作製に入ります。
まとめますと、補綴治療・修復治療は診断用ワックスアップ作製→プロビジョナルの作製→口腔内装着→補綴物作製といった行程に従い治療を進めます。
最終形のビジョンを共有させていただきながら、奥歯の治療と並行して前歯部の治療を進めて参りましょう!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2012年1月6日  カテゴリー:審美歯科治療

ページトップへ