入れ歯からインプラントへ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
上の前歯と左下の奥歯にインプラント治療をさせていただいた患者様です。
左下には入れ歯が入っていらっしゃいましたが違和感が有り、うまく咀嚼できないとの事でインプラント治療を行う事になりました。
CT診査とコンピューターシュミレーションにより、骨の状態の良くない第二小臼歯を外して第一、第二大臼歯部位にインプラント埋入を行いました。
術前                術後
00000013134265_IntraOral_20110218040429.jpg 00000031134_Panorama_20111126035647.jpg
術前                術後
000000317134_Panorama_20110217153742.jpg 00000023134_Panorama_20111125161110.jpg
CTスキャン&コンピューターシュミレーション
000000313476467_Panorama_20111203051614.jpg
入れ歯が入っていると顎堤(歯槽骨)は吸収してしまいます。特に左下第二小臼歯部は歯槽骨の吸収が著しい状態でした。歯槽骨が狭小でありさらに下顎神経とオトガイ神経の走行があり、埋入を断念して後方からのカンチレバーとしました。
歯周病の歯を持たせられるだけ持たせる、入れ歯を入れておいて将来的にインプラントも考える、、、など従来の治療法では日常的に行われている事ですが、本症例の様に歯槽骨の吸収を招きます。今回は幸い奥に埋入出来ましたが、いざインプラント治療を行おうとしても不可能となってしまう場合も有ります。
手遅れ、になってしまう前に適切な治療を行いましょう!お気軽にご相談下さい。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2011年12月3日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.19

ページトップへ