ツタンカーメンのエンドウ豆

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
今日は家族とエンドウ豆をベランダのプランターに植えました。
これがただのエンドウ豆ではなく、ツタンカーメンのエンドウ豆と呼ばれる物です。
ツタンカーメン王の墓は、1922年に英国の考古学者ハワード・カーターが、エジプト南部ルクソールで発見しました。エンドウ豆は発掘された副葬品の中から発見され、古代エジプト人が食べたであろうエンドウ豆を持ち帰ったカーター氏は、発芽、栽培に成功し、その後数カ国にわたり、栽培が続けられたとの事です。日本には1956年、米国から水戸に送られ、小学校、教育センターを介して広がったそうです。
エジプト6000年の神秘、ファラオの豆を栽培する訳で、とってもロマンを感じます。
収穫したらまめご飯にでもして食べましょうか。
IMG_7871.jpg IMG_7873.jpg
IMG_7898.jpg 425px-Tutanchamun_Maske.jpg
乾燥したサヤは淡いワインレッド。豆自体は緑がかった黄土色です。
淡い紫色のきれいなサヤが実るそうです。これから成長が楽しみです。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2011年11月6日  カテゴリー:日記

ページトップへ