歯が動いた

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
「気付いたら前歯の1本だけが突きでていた」、「以前はこんなに歯が出ていなかった」、「昔はこんなにすき間があいていなかった」といった患者様の声を毎日の様に聞きます。
すき間があいてしまった患者様の治療をさせていただきました。
術前                術後
0000002767_IntraOral_20100510232619.jpg 0000002767_IntraOral_20110807003200.jpg
歯の移動はさまざまな要因によって起きます。悪習癖(くせ)によって移動することもあります。臼歯部がむし歯や歯周病などで欠損すると、咬む力を奥歯で受け止められず上の前歯に負担が加わり前歯が突きでる場合があります(フレアーアウトと呼ばれる現象です)。
歯が移動した場合、その原因である歯周病を治す事無しに、ただもとの位置に矯正治療で戻す、固定してしまう、当たらない様に削るだけ、では治りません。しっかりと歯周病の治療を行った上で歯列矯正なりを行いもとの位置に並べてあげる事が重要です。
また、プラークコントロールを行い歯石除去などの歯周病治療をするだけで、歯は自然にもとの位置に戻る場合もあります。
 前置きが長くなりましたが、この患者様の歯のすき間の治療には何を行ったかもうおわかりですね?写真だけじゃわからないですよね?
正解は歯石をお取りしただけです。そしてもちろんプラークコントロール。患者様に歯周病予防用の磨き方で丁寧に磨いていただいた成果です。歯石と言っても大まかに分けて、歯肉辺縁の上下で縁上歯石と縁下歯石に分かれるのですが、縁下歯石も丁寧に除去させていただきました。
術前           術後
0000002767143_Panorama_20100510110829.jpg 00000027670708_IntraOral_20100610113309.jpg
 
レントゲンに写っているゴツゴツ岩の様に根面にくっついている物が縁下歯石です。
これを除去してルートプレーニングと呼びますが歯根面を清潔で滑らかな表面に仕上げます。
すると歯がもとの位置に戻ってくれた訳です。逆にまた歯石がつくと歯が動きかねないのです。歯周治療が終わったら、メインテナンスで噛み合せのチェックや縁下のクリーニングなどを行い、良好な状態を保つ事も重要です!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2011年8月10日  カテゴリー:歯周病治療

ページトップへ