歯が割れたらそこだけインプラント その2

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
先日の続きです。本日最終補綴物が入りました。形態は仮の歯とほぼ同じですが、周囲の歯に合わせてセラミクスで作製したので色はだいぶ自然感が出ました。
アクリルレジンで出来た仮の歯よりもセラミクス歯表面が滑沢でプラークもつきにくいため、周囲歯肉のクリーピングも期待出来ます。
術前               補綴物セット時
0000003158365_Panorama_20110401012432.jpg 0000003158253_IntraOral_20110715223930.jpg
スクリュー固定式のセラミクスクラウンの構造はこのようになっております。
0000003158142_IntraOral_20110715220022.jpg 00000031588698_IntraOral_20110715215929.jpg
これから少しでも長くいい状態を維持して行くためには、定期検診・メインテナンスの際に咬み合せの確認・調整やクリーニング、ブラッシング指導などを受けていただくのが重要です。3ヶ月間大変お疲れさまでした。これからはスタッフ一同メインテナンスでお待ちしております。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2011年7月15日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.18

ページトップへ