歯が割れたらそこだけインプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯根破折が起きてしまうと抜歯の適応となり今までは両隣の歯を利用したブリッジによる治療が一般的に行われていました。近年はインプラント治療のエビデンスが確立し、確実な方法として普及して参りました。
左上前歯が歯根破折してしまった患者様です。右上前歯は根管治療を行い症状は改善しました。可能な所は保険治療を希望されていたため右上前歯は保険治療で補綴を行う事になりました。歯根破折した左上前歯は改善が認められないためコンサルテーションによってインプラント治療をご決断されました。
抜歯直前               抜歯即時埋入後約3ヶ月経過
0000003158365_Panorama_20110401012432.jpg 00000031580878_IntraOral_20110705221951.jpg
初診時レントゲン写真 抜歯即時埋入後約1ヶ月経過時点
0000003158143_IntraOral_20110308163858_02.jpg 0000003158089_IntraOral_20110513103859.jpg
抜歯即時埋入時            破折していた歯根
0000003158134_IntraOral_20110420003557.jpg 0000003158140_IntraOral_20110420014201.jpg
歯肉縁下約4mmに埋入         コラーゲンでコーティング
0000003158098_IntraOral_20110420010136.jpg 00000031580989_IntraOral_20110420010306.jpg
抜歯即時インプラント埋入後役3ヶ月経過時点で歯肉も成熟し安定しているので今週中にも最終的な被せ物をお入れ出来ます。確実に行えば抜歯即時インプラント埋入方法は、手術回数は1回で済み治療期間も短縮出来る優れた方法です。
歯が割れたりだめになったらその歯だけインプラントに置き換える事がポピュラーになりつつ有ります。
(※全顎的に歯周病が進行したケースや咬合崩壊が起こっているようなケースでは、全顎的に治療計画を立てて戦略的な抜歯を行い多数のインプラントを用いて咬合再構成を行う必要性を伴う場合も有ります。)
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2011年7月14日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.18

ページトップへ