大きな骨欠損へのインプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
カリエス(虫歯)や歯周病に罹患した歯、または欠損歯を放置する事で噛み合せは崩壊し、周囲歯槽骨は大きなダメージを受けてしまう事が有ります。
左下の第一大臼歯が欠損し放置なさり、第二大臼歯、智歯は傾斜し噛み合せは崩壊し著しく大きな骨欠損が出来てしまいました。保存不可能な左下第二大臼歯、智歯を抜歯し感染組織を除去し、その間全体的な治療を行い骨と難組織の再生を待ちました。
そして先日左下欠損部位に2本のインプラントを埋入しました。
先ずはCTデータを基に診断・シュミレーションを行いました。
0000002742586_Panorama_20110622065507.jpg 0000002742123_Panorama_20110622065517.jpg
初診時と埋入直後のレントゲン写真
0000002742121_Panorama_20100412150559.jpg 0000002742421_Panorama_20110621164208.jpg
埋入前と直後の口腔内写真
00000027420232_Panorama_20110622033403.jpg 00000027420832_Panorama_20110622044604.jpg
CTデータによると骨の幅は十分でしたが、下歯槽神経までの距離がシュミレーションするとインプラント尖端から2〜3mmしか余裕の無い状態でした。第一大臼歯、第二大臼歯相当部位にそれぞれ10mm, 8mmのインプラントを埋入しました。8mmのショートインプラントと前のインプラントを連結固定する計画です。
今後左上のインプラント処置を行い、上下の噛み合せを構築して行く予定です。
下顎は4〜6週で骨接合(オッセオインテグレーション)が得られますので仮の歯を入れて咬んで頂く事が可能になります。インプラント手術大変お疲れさまでした。次回は上の手術ですね。一緒にがんばって参りましょう!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2011年6月22日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.18

ページトップへ