スポーツ マウスガード

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
当院では、スポーツマウスガードの作製も行っております。近年スポーツマウスガードが普及するとともに、義務化される学年(高校ラグビーの試合では義務化、等)種目も増えております。
一般的なマウスガードの効果は、
1) 顎口腔系外傷の予防:顎や口周囲への衝撃を吸収し、外傷を防ぐ。
2) 顎骨折の予防:歯との噛み合せている接触面積が広がることにより、衝撃が分散され、顎関節の保護や骨折の予防する。
3) 脳震盪の予防:頭部周囲に受けた衝撃が顎関節や頭蓋骨に伝わるのを吸収する。などです。
当院で導入しているマウスガードは「ポール式マウスガード」と呼ばれるもので、極真会館公認のマウスガードとしてもしられております。このマウスガードの特徴は、
1) 苦しく無い
2) 唾液を飲み込む事が可能
3) 話をする事が出来る(集団競技では重要)
4) 脳震盪の回復が早く、崩れた体軸バランスの回復も早い
5) 激しい接触による口腔外への脱離が少ない などが挙げられます。
さて、実物と装着時の状態です。
0000003204476_Panorama_20110511003205.jpg 0000003204143_Panorama_20110513064606.jpg 0000003204968_Panorama_20110513060346.jpg 0000003204254_Panorama_20110513060444.jpg 0000003204254_Panorama_20110513060402.jpg 0000003204254_Panorama_20110513060455.jpg
色は上の8色から選べます。今回ラガーマンのN君はイエローをチョイス。good choice!
ポール式(ポール矯正センターのポール各務先生考案です)は顎位にも特徴があります。class1, 2であれば下顎をやや前方に出し切端咬合気味に咬んで頂きシリコンでバイトを取ります。class3であれば逆に下顎を後退させ切端咬合気味にします。これによってコンタクト時の衝撃が顎関節へ及ぼす影響も軽減され外傷を防ぎ、またパフォーマンスの向上も認められたという極真会館等との共同研究も行われております。スポーツマウスガードは16,000円〜です。
 ラグビーと言えば少年期はスクールウォーズ、もう少し大きくなってからはユーミンのノーサイド等のイメージでした。青春だったユーミンの頃はもう帰ってきませんが、スポーツを楽しむ若人(言い回しがおじさん臭かったかな?)との交流を通じて、当時を思い出す事ができてこれもやっぱりいいものですね。私の青春のスポーツの記憶は、打撲・打ち身の痛み、エアーサロンパスの匂い、道着の汗臭さ、etc,,, ユーミンの世界のようにおしゃれとは無縁だったな〜〜〜。
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2011年5月12日  カテゴリー:スポーツマウスガード, その他の治療

ページトップへ