リフティングドリルで上顎洞底挙上

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯の喪失の三大原因 には、むし歯,歯周病,歯の破折 が挙げられます。
右上の大臼歯部を歯根破折で失ってしまわれた患者様です。先ず一番奥の第二大臼歯を歯根破折で失い、しばらくしてから第一大臼歯も歯根破折をおこしてしまいました。破折をおこすと抜歯するしかありません。
第一大臼歯の破折     抜歯後の大きな硬・難組織欠損
0000000093645_Panorama_20101020095125.jpg 0000000093_Panorama_20110209033320.jpg
リフティングドリルで挙上・埋入  骨欠損部への骨補填
00000000936798_Panorama_20110208162203.jpg 00000000936546_Panorama_20110208164546.jpg
歯根破折歯周囲は抜歯後に、非常に大きな硬・難組織の欠損が生じます。
インプラントを埋入する骨も制限を受けます。ハイドロキシアパタイトコーティング(HA)インプラントは骨量・骨質に左右されず使用出来る所が特徴であり、上顎洞底挙上術に用いるのも非常に有効です。生体活性材料であるHAが、骨補填材であるβ-TCPと血液が存在する事で速やかに骨接合(オッセオインテグレーション)をおこし、周囲に骨を作ります。
オステオトーム法を用いたり、今回の様にリフティングドリルを用いる事で、上顎洞底挙上術が安全で確実に行えます。
shr1121.jpg
さて、もう少ししたら、上部構造を作って参りましょう!
これから楽しみに待っていて下さい!!
Good day & Peace! img0976976657615.jpg
センちゃん日記
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2011年4月6日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.18

ページトップへ