ブリッジそれともインプラント?

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
2日ほどブログをお休みしました。夏バテしちゃいました。
でももう大丈夫です。ぼちぼち情報発信再開します。
右下の6歳臼歯の欠損。欠損の両サイドはあまり手つかずの歯。
あなたならブリッジにしますか?それともインプラント?または入れ歯?
患者様はインプラントを選択なさいました。
一回法、無切開無剥離(フラップレス)、麻酔や止血をのぞけば15分程度の手術時間で完了する事が出来ました。
術前             術後
000000278912_Panorama_20100831050332.jpg 000000278912_Panorama_20100831053944.jpg
術前             術後
000000278912_Panorama_20100513111810.jpg 000000278912_Panorama_20100830173621.jpg
手術は1回のみです。ハイドロキシアパタイト(HA)コーティングインプラントは早ければ4週で骨接合を獲得出来ます。客観的にペリオテスト値を測定する事で骨接合を確認した後に補綴処置を行います。
レーザーメスを用いる事で出血を最小限に抑えられるので、フラップレスでも骨面を確認しながら確実に行えます。また、切開剝離しないため、術後の腫れ痛みもほとんどない事が多いです。逆にずばっと切って剥離して埋入することで10分かからずに埋入出来るかもしれませんが、無駄に切る事は避けたいものです。また、安かろうで国産のコピーインプラントに飛びつく事は避けたいと思います。少なくとも10年程の経過症例やエビデンスがなければ信頼性があるとは言えず、重大な欠陥が見つかり何か有ってからでは済まされません。
ブリッジ、インプラント、入れ歯、どの治療法が優れているという事ではなく、利点欠点を理解して頂き、ライフスタイル、ライフステージ、患者様のこれまでの治療体験や環境などに応じて選択していただきます。インプラント治療は欠損をシンプルに回復出来る優れた治療法であることは確かです!
Good day & Peace! IMG_6496.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2010年9月6日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.16

ページトップへ