前歯部の抜歯即時インプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
前歯のブリッジがグラグラになりお困りで来院された患者様です。
この部位に対してさらに欠損が拡大したブリッジによる治療ではなく、インプラント治療をご希望し来院なさいました。抜歯待時にインプラントを行うと頬側の骨が失われてしまうため、CT撮影とコンピューターシュミレーションを行った上で、抜歯即時インプラントを行う計画を立てました。
CT撮影&コンピューターシュミレーション
00000026882323_IntraOral_20100713070043%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg 000000268812352_IntraOral_20100713070016%2023.jpg
手術は一回きりです。抜歯して埋入で終わりです。
術前             プロビジョナル装着時
000000268893286498_Panorama_20100228013046%20.jpg 000000268802874918.jpg
術前X線           術後X線
9826974878780.jpg 02949837977.jpg
その後、臼歯部の垂直的な噛み合せを確保するため、数カ所にインプラント埋入を行っておりますが、やはり前歯の審美領域は難易度が高く細心の注意を要します。良好な結果を得るためにはCT撮影やコンピューターシュミレーションは欠かせません。
抜歯、GBR、インプラント埋入、ボーングラフト、結合組織移植、ついでにリエントリーしますか?再生ですから必要ですよね?、二次オペ、、、
いりません。
抜歯して埋入です。
患者様の精神的肉体的苦痛は少ない方がいいと思います。患者様のための低浸襲の治療を目指しております。
Good day & Peace! IMG_6496.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2010年8月20日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.16

ページトップへ