一回法2ピース型インプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
一時1ピースインプラントがはやった時期がありましたが今はどうなんでしょうか。
当院では2ピース型インプラントを用いており、一回法、二回法の手術を症例に応じて使い分けています。
一回法で手術を行うとこのような感じで治って来ます。外科手術は一回のみ!
術後二週間程度経過した所です。埋入時にほっぺた側に歯肉を増やす処置を行っているので、頬側が少し盛り上がっておりいい状態です。患者様も術者側も負担が少ない方法です。何度も切ったり貼ったりする必要がありません。
術前             術後
000000269412_Panorama_20100310220200.jpg 000000269412_Panorama_20100706221506.jpg
術前             術後
000000269412_Panorama_20100310093436.jpg 000000269412_Panorama_20100618105152.jpg
二回法の場合も、既存骨、既存の歯肉を活かしたポジションに埋入する事と、レーザーを用いて浸襲を最小限に抑えた二次手術を行うためこちらもあまり心配ございません。
なるべく低浸襲で行きましょう!!!
IMG_0865.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2010年7月8日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.16

ページトップへ