手間を惜しまず

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
インプラント外科処置後の補綴処置のみ依頼を受けた患者様です。
かなり深い位置に埋入されていたため通常よりも難しく、多くの手間も必要でしたが、先日無事最終的な被せ物をお入れする事が出来ました。
初診             補綴後
0000002433756_IntraOral_20090903034005.jpg 0000002433756_IntraOral_20100619035827.jpg
カスタムアバットメント指摘  カスタムアバット装着
0000002433756_IntraOral_20100529040122.jpg 0000002433756_IntraOral_20100619035839.jpg
補綴処置後レントゲン写真
0000002433756_IntraOral_20100618160247.jpg
非常に深い位置に埋入されたインプラントだったので、型取りも誤差が出ない様に慎重に行い、さらにインプラントインプラント間の位置を正確に再現する事に留意しました。適合の良さが今後のインプラントの予後も左右する為、型取りから制作の行程を手間を惜しまずに行いました。
診断、治療計画から埋入処置、補綴処置まで行うのが通法ですが、患者様の都合により途中から引き受ける事もありますし、メインテナンスをお願いする場合もあります。
国内外の様々なメーカーの無数のインプラントシステムが存在するので全ての症例に対応するのは無理ですが、互換性があったり、パーツを購入し技工する事で対応出来る場合もあります。また、補綴のみやり直す必要性が出た他院で治療を行ったインプラントのケースも同様です。
何か困った事があったら先ずはご相談下さい!
IMG_0865.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2010年7月1日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.16

ページトップへ