インプラント周囲のクリーピング1

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
破折した左上犬歯、欠損した左上側切歯の計2歯に対してインプラント治療を行わせていただいた患者様です。
犬歯周囲の歯肉に厚みが不十分だったので、結合組織移植をさせていただきました。
現在はメインテナンスに来ていただいております。
犬歯周囲の歯肉は厚みが増し、歯冠側に移動しました。クリーピングとは歯肉が歯冠側に這い上がってくる現象で、補綴物周囲に審美的機能的な歯肉が増える事で補綴物の長期的な安定をもたらします。
初診             メインテナンス時
0000002252132_IntraOral_20090406230037.jpg 0000002252132_Panorama_20100416223407.jpg
初診時レントゲン       メインテナンス時レントゲン
0000002252132_Panorama_20090210130813.jpg 0000002252132_Panorama_20091204123410.jpg
最小限の侵襲で大きな効果が得られたと思います。
今後もメインテナンスを継続していただき、一緒に良好な状態を維持して行ければ幸いです。
Good day & Peace! yuihguthumb-300x225-3733.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2010年4月19日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.15

ページトップへ