インプラントで蘇る

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
左上のブリッジを支えている歯に痛みを訴えて来院なさった患者様です。
左側第一小臼歯付近に、割れた歯根の上部がのぞいています。
0000002458354_Panorama_20090907222406.jpg
左側第一小臼歯はレントゲン診査で歯根が竹を割った様に割れる縦破折を起こしておりました。こうなってしまうと抜歯するしか有りません。かなり以前に治療なさったブリッジが歯根ごと駄目になってしまったので、患者様は再度ブリッジによる治療を望みませんでした。
そこでインプラントの出番です!。縦破折の影響でその周囲の骨はガッポリと無くなっており、抜歯窩温存術を行っていたにも関わらず埋入不可能で少し前方に埋入するしか有りませんでした。
ブリッジ除去時         補綴3W経過後
0000002458354_Panorama_20090910001855.jpg 0000002458354_Panorama_20100414235028.jpg
初診時レントゲン        補綴後レントゲン
0000002458354_Panorama_20090821104748.jpg 0000002458354_Panorama_20100414114836.jpg
歯根が破折した場合、軽度であればクラウンレングスニングで対応出来る場合も有りますが、縦破折を起こすと予後は不良です。歯根破折を防ぐ為にもファイバーコアを用いる、ロングスパンブリッジの支台となる失活歯は十分に考慮するなどが必要と言えます。
Good day & Peace! yuihguthumb-300x225-3733.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ
豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院
インプラント30分無料カウンセリング

投稿日:2010年4月15日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.14

ページトップへ