歯並びの改善される瞬間?

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯列矯正治療を希望なさる患者様や治療中の方に時々聞かれる質問の中に、反対咬合や部分的な交叉咬合(クロスバイト、すれ違い咬合とも呼ばれます)の箇所において、歯が乗り越える瞬間、歯並びの改善される瞬間はいつですか?という物があります。
歯がだんだん動いていったとして、尖端同士でぶつかってしまって口が塞がらない時期が来て、その後に並んでくるのですか?とも聞かれます。
歯の移動中は咬みずらかったりどこで咬んで良いか解りにくい時期も有りますが、上記のようなことはありませんのでご心配なく。動かしている時は揺れもあるので、だんだんと理想的な位置に移動して行き、気がつくと飛び越えて欲しい位置に歯を飛び越して並びます。
矯正治療を始めるとぴょこっといきなり歯が動いて位置が入れ替わるなんて事は有りませんので、矯正治療をお受けになる方はある程度気長にお願いします。
左右側切歯(前から2番目の歯)のクロスバイトを特に気になさっていた患者様です。
初診時            側切歯が入れ替わりました
0000001329354_Camera_20080826045354.jpg 0000001329354_Camera_20100220063046.jpg
ここまでの間には舌側から歯列弓の扇状拡大や、プロファイルから下顎小臼歯抜歯などがありました。特に患者様の苦痛等は無かった様ですが、ある日突然ぴょこっと側切歯が出て入れ替わる訳ではないので、繰り返しになりますが、矯正治療はぜひとも気長におつきあいのほどよろしくお願いします!
(患者様、ここまでお疲れさまです。)
Good day & Peace!  o0180032010396580262.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2010年2月26日  カテゴリー:歯列矯正治療

ページトップへ