第二の永久歯 抜歯即時インプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
以前にご紹介させていただいた被せものの脱離、歯肉縁下カリエスと歯根破折から抜歯となり、抜歯即時にインプラントを埋入した患者様です。ペリオテストと呼ばれるインプラントが骨接合を獲得したかを診断する器械とレントゲンから経過を観察しておりました。 PTV値の安定とレントゲン上でインプラント周囲の骨再生が確認出来たので補綴処置を行いました。
右下第二小臼歯、第一大臼歯にインプラント補綴を行いました
術前               術後
000000038556_Panorama_20090819001845.jpg 000000038556_Panorama_20100218231117.jpg
術前               術後
000000038556_Panorama_20090818122446.jpg 000000038556_Panorama_20100218114059.jpg
抜歯即時埋入した際には特に第二小臼歯抜歯窩周囲に隙間の骨透過像が見られましたが、現在は骨で満たされております。HA(ハイドロキシアパタイト)コーティングインプラントならではの特性です。
天然歯が一番に決まっていますが、ひとたび保存不可能・要抜歯となった場合には、周囲の歯に負担をかけないインプラント治療が非常にメリットが多く優れた方法であると言えます。
Good day & Peace!  o0180032010396580262.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2010年2月18日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.14

ページトップへ