ロングスパンブリッジの支台歯は

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
ロングスパンブリッジ(欠損部の長い物)を支える支台歯が失活歯の場合、歯根破折を起こしてしまう危険性が大と言えます。特にメタルコアが入っている場合は顕著な様です。
この患者様もだいぶ前にお入れになったブリッジの支台歯に痛みを訴え来院なさいました。
外観からも歯根破折が認められ、レントゲンを撮影してみると正に竹を割ったように歯根が割れてしまっておりました。もうブリッジにはしたく無いとの患者様のご希望によりインプラント治療を行いました。
上顎左側第一小臼歯が歯根破折を起こしていました。
初診時             ブリッジ切断除去
000000245853_Panorama_20090907222406.jpg 000000245853_Panorama_20090910001855.jpg
抜歯→ソケットプリザベーション インプラント埋入
000000245853_Panorama_20090910002705.jpg 000000245853_IntraOral_20091208103314.jpg
抜歯窩温存を行った後はいドロキシアパタイトコーティングインプラントを埋入しました。
僅かにβ-TCPを用いて骨造成も行っており、レントゲンで顆粒がうっすらと確認出来ます。
後方のインプラントは上顎洞底を傷付けないように手前で回避しております。
現在は骨接合を待っている段階で骨接合獲得後に補綴処置を行います。
長い欠損部に無理矢理ブリッジを行うよりも、インプラントを欠損部に入れてあげ単独で補綴してあげる事には大きなメリットが有ります。ブリッジが心配な方、ブリッジ治療に疑問をお持ちの方気軽にご相談下さい。
インプラント30分無料カウンセリング
Good day & Peace!
IMG_4805.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2010年1月7日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.13

ページトップへ