歯根破折→インプラント3

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
神経を失った歯(失活歯)は歯根破折の危険性があります。
(単純に神経を取ったから歯がもろくなるという訳ではなく、虫歯を削って健全歯質が少なくなったり、メタルコアが入ったり等と不利な条件が複合的にからみあっての結果です。)
この患者様も残念ながら歯根破折を起こし保存不可能となり抜歯に至りました。
歯根破折をおこし病巣を作ってしまったら抜歯するしかありません。
患者様はカウンセリングの結果、ブリッジ、部分入れ歯、インプラントの中から、インプラントを選択なさいました。
000000118275_IntraOral_20070502184915.jpg
術前             術後
000000118275_Panorama_20091113153735.jpg 000000118275_Panorama_20091113162547.jpg
術前              口蓋側垂直埋入
000000118275_Panorama_20091114034005.jpg 000000118275_Panorama_20091114041324.jpg
β-TCP填入           
000000118275_Panorama_20091114041412.jpg 000000118275_Panorama_20091114041539.jpg
口蓋根の抜歯窩に口蓋側垂直埋入を行いました。
上顎洞底までの距離が約8ミリだったのでソケットリフトを行い上顎洞底を挙上し10ミリのインプラントを埋入しました。
頬側皮質骨に僅かに裂開が認められたので念のため骨補填材であるβ-TCPを填入しました。消毒の際も痛みや腫れも無く経過良好でした。
初期固定もしっかりとしていたので、一ヶ月程待った後骨接合を確認し補綴処置を行います。
インプラント手術は痛みや腫れを伴う事は少ないので、余り心配なさらずに先ずはご相談下さい!
Good day & Peace!  IMG_4295.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年11月17日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.13

ページトップへ