入れ歯からインプラントへ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
入れ歯の不具合に関する患者様の訴えは、良く噛めない、合わない、違和感がある等です。
出来ればインプラントで解消したいと希望される患者様が増えています。
この患者様も欠損部を入れ歯からインプラントを用いた被せものにしたいという希望で来院されました。一番奥の抜歯が必要な親知らずを利用し、手前の歯は削らないで接着する事で仮の歯をお入れしてあります。
十分な長さのインプラントを2本埋入出来ました。
術前              術後
000000243346_Panorama_20090731151105_02.jpg 000000243346_Panorama_20091021161537.jpg
000000243346_Panorama_20090917044747.jpg
もう少し親知らずにはがんばって仮の歯を支えていただいて、約一ヶ月後に骨とインプラントがくっ付いたら丈夫で奇麗な自然感のある被せものをお作りする予定です。
インプラントに興味をお持ちの方、先ずはお気軽にご相談下さい!
インプラント30分無料カウンセリング
Good day & Peace!  IMG_4295.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年11月6日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.13

ページトップへ