歯肉が腫れたら

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯肉が腫れる原因には、歯周病、親知らずの炎症、根先病巣などがあります。
歯周病が原因で急に腫れたものを急性歯周膿瘍と呼びます。痛みを伴う事が多く、食べ物や歯ブラシ等が接触しても痛みが出ます。
炭酸ガスレーザー治療で急性の炎症は劇的に改善する事が出来ます。
左下の一番奥とその前の歯の間がパンパンに腫れてしまった患者様です。
術前
0000000255765_IntraOral_20090808232459.jpg
レーザー照射
0000000255765_IntraOral_20090808232525.jpg
術後
0000000255765_IntraOral_20090825065803.jpg
術後1週間程度で腫れは引き、症状も改善されました。
抗生剤の服用や切開などの観血的処置が出来ない方には有効です。またレーザー処置はアレルギーも無く、抗生剤による耐性菌の発現の心配もありません。
その後、通常の通り歯石除去等を行うことで再発を防いで行きます。
Good day & Peace!  IMG_4295.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年10月30日  カテゴリー:歯周病治療

ページトップへ