歯根破折→インプラント2

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯根破折を起こすと残念ながら保存不可能で抜歯となってしまいます。
従来は欠損するとブリッジという事になりますが、最近ではインプラントを選択なさる方が増えて、インプラントに対する関心と認知度の高さに驚きます。
左下第二小臼歯が歯根破折し抜歯に至り、患者様がインプラント治療を希望なさったケースです。
000000233164_Panorama_20090608093355.jpg000000245871_Panorama_20090910001814.jpg0000000310574%232BB829.jpg
抜歯時にコラプラグという創傷治癒促進剤を挿入し抜歯窩の温存(ソケットプリザベーション)を行いました。その後最小限のフラップを開けインプラントを埋入しました。骨とのギャップにはミノサイクリンを添加したβ-TCPを充填しました。黄色く見えているのがβ-TCPです。骨欠損形態からメンブレンは使用しませんでした。
約2週間で歯肉はすっかり奇麗に治癒しています。今後2ヶ月程待って PTVを測定し骨接合を確認し補綴処置を行います。
ソケットプリザベーション後
000000233164_Panorama_20090803215149.jpg 000000233164_Panorama_20090803095422.jpg
インプラント埋入時
000000233164_Panorama_20090920010056.jpg 00000233164_Panorama_20090919130217.jpg
埋入2週間後
000000233164_Panorama_20090929213218.jpg
生体親和性が高く吸収スピードが早いβ-TCPと、生体内活性のHAコーティングインプラントを用いたため、歯肉の治癒が良好です。骨接合のスピードも速いので、早期の補綴処置が可能となります。
Good day & Peace!  IMG_4295.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年10月9日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.12

ページトップへ