インプラント治療の今と昔

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
左下第二小臼歯が保存不可能となり残念ながら抜歯に至ってしまった患者様です。
縁下カリエスで歯根が駄目になり抜歯を行い、抜歯即時にインプラントを埋入しました。
術前              インプラント埋入
000000174478_IntraOral_20090620113205.jpg 000000174478_Panorama_20090718123802.jpg
術前              術後
000000174478_IntraOral_20090704233351.jpg 0000000174478_Panorama_200909.jpg
今回治療した第二小臼歯の後ろにはかなり以前に治療なさったというインプラントが3本入っています。一回法のインプラントでインプラントプラットフォームの金属や補綴物マージン部の金属が露出しています。今と昔とを比較すると、現在の治療法は自然感のある仕上がりが得られる事が解るかと思います。
インプラントに審美的な不安をお持ちの患者様、現在は天然歯に近い仕上がりが得られますので一度ご相談下さい。
Good day & Peace!  IMG_4295.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年10月5日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.12

ページトップへ