第二の永久歯:インプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
右下の第二小臼歯、第一大臼歯ともに被せ物が取れて痛みを伴うため来院なさった患者様です。脱離する前から鈍痛や違和感がしばらく続いていたとの事です。第2大臼歯は歯槽骨に至るまで破折線が認められ、根尖病巣もあります。第1大臼歯は縁下カリエスが進行し分岐部穿孔も認められました。二歯とも保存不可能と判断し抜歯する事になりました。
治療法は、ロングスパンのブリッジ?部分入れ歯?インプラント?
患者様はインプラントを選択なさいました。
術前             埋入直後
000000038523_Panorama_20090819001901.jpg 000000038523_Panorama_20090904225647.jpg
術前レントゲン        埋入時レントゲン
000000038523_Panorama_20090818122446.jpg 000000038523_Panorama_20090904105448.jpg
抜歯即時にΦ3.75mm×10mmのインプラントを2本埋入しました。
保村不可能な歯を抜歯と同時にインプラントを埋入すると、正に第二の永久歯に取って代わる感覚がします。と考えると両隣の歯に負担を強いるブリッジや部分入れ歯よりも理想的で有ると思いませんか?最近ではインプラントをチョイスされる患者様が増加傾向にあります。ブリッジや入れ歯に疑問を感じたら、一度ご相談下さい。
Good day & Peace!  IMG_4295.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年10月1日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.12

ページトップへ