スケーラー(1)ヤスリ型

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
明日22日(土)は午後12:30からインプラント手術を行います。
歯周病治療において、セルフケアやプロフェッショナルケアと並んで大切であり基本の治療となるのが歯石除去です。スケーラーと呼ばれる器具で歯石を除去します。機械的な超音波スケーラーや音波スケーラーと、手用(ハンドインストゥルメント)に分けられます。
地味ですがとっても大切な手用スケーラーのあれこれをご紹介いたします。手用スケーラーは刃部の形によって鎌型、鍬型、鋭匙型、ヤスリ型、ノミ型などの種類があります。
先ず始めにヤスリ型から。
こんなふうになっています。
0000999999_%E3%81%A6%E3%81%99%E3%81%A8%20%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83_IntraOral_20090821003014.jpg 0000999999_%E3%81%A6%E3%81%99%E3%81%A8%20%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83_IntraOral_20090821003014_2.jpg
一般的なヤスリはこんな感じですよね。
h0182746518.jpg
ごしごしとこすって歯根面を硬く滑沢で清潔な面に仕上げます。
通常のスケーラーはいろいろな方向に引っ掻いて仕上げるのに対し、同じストロークでも比較的容易につるつるの面を得られます。
小さな優れものです。
欠点は、刃物でないので研げないことでしょうか。
シリーズでいろいろなスケーラーをご紹介します。
Good day & Peace!  IMG_6496.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年8月24日  カテゴリー:こだわりの逸品

ページトップへ