一本だけでも残したい

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯周病が重度に進行しグラグラするが、なんとか保存してほしいというご希望で来院された患者様です。
左下の第一大臼歯、第二大臼歯の歯周病が重度に進行しかなり厳しい状態でした。
カウンセリングで、第一大臼歯へ悪影響を及ぼし、また保存不可能である第二大臼歯はあきらめていただきました。しかし、第一大臼歯はなんとか残したいというご希望で、再生療法を行う事になりました。
初診時レントゲン写真
000000236990_Panorama_20090616111609.jpg
術前             切開剝離・廓清
000000236990_Panorama_20090725041156.jpg 000000236990_Panorama_20090725044444.jpg
仮縫合            エムドゲイン貼付
000000236990_Panorama_20090725045343.jpg 000000236990_Panorama_20090725045613.jpg
縫合             Op一週間後
000000236990_Panorama_20090725050100.jpg 000000236990_Panorama_20090726001810.jpg
最小限のフラップを開けて廓清し、クエン酸エッチングを行いエムドゲインを塗布します。
徐々に歯周組織が再生され、骨も再生されます。通常の歯周外科処置を行うと歯肉は確実に退縮します(切除部位が多いことにもよりますが)が、成長因子の入ったエムドゲインは難組織の治癒も優れているので術後の歯肉の状態も良好です。
今後は患者様と力を合わせ、歯周組織の再生を期待しながらメインテナンスを行う予定です。
エムドゲインの特徴は、GTR法と異なり膜を使わず、再生を導くタンパク質を塗る方法です。歯が生えてくる時と同じ環境を作るので、出来る歯質も本来のもの(無細胞セメント質)と同じに再生されます。
GTR法も吸収性の膜が開発されたりと手術回数(=患者様の負担)を減らす方向に有るように、エムドゲインも一回の手術で完了します。大学病院などではリエントリーといって研究の為に再手術を行う事も有りますが一般歯科では行いませんので安心して下さい。再生は長いと2年程も続くと言われていますので途中で開いて再生途中の組織をトリミングなんてもってのほかですので行いません。
歯周病治療は信頼の置ける大学病院か歯周病専門医にお任せ下さい。
Good day & Peace!  IMG_6496.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年8月4日  カテゴリー:再生療法, 歯周病治療

ページトップへ