第二の永久歯

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
永久歯が駄目になってしまったら今までは当たり前のようにブリッジや入れ歯で補綴をしておりました。現在は第二の永久歯とも呼ばれるインプラントがあります。
左下第二大臼歯の被せ物の脱離を放置した事で保存不可能な状態になってしまいました。
00000022346_Panorama_20090610123157_02.jpg
抜歯を行い難組織の治癒を待ち、インプラントを埋入しました。
抜歯後             抜歯後レントゲン
00000022346_Panorama_20090724220105.jpg 00000022346_Panorama_20090724095846.jpg
インプラント埋入        埋入時レントゲン
00000022346_Panorama_20090725212708.jpg00000022346_Panorama_20090724110629.jpg
最小限の切開剝離を行い掻爬し、直径5mm長さ10mmのインプラントを埋入しました。ギャップはβ-TCPを充填しコラーゲンシートで被覆して軽く縫合しました。
翌日には腫れも痛みもなく経過良好でした。
第二の永久歯の歯胚が出来、あたかもこれから萌出を待っているような状態です。
念のため2ヶ月ほど待って簡単な二次手術を行う予定です。もう少しお待ち下さい、第二の永久歯の様に歯が生えてきますので!
Good day & Peace!  IMG_6496.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年7月29日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.12

ページトップへ