ロングスパンブリッジの弊害

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
複数の歯を失ってしまうと、ロングスパンブリッジ(長ーい橋渡しをして被せる)を行うしか選択肢のない時代が有りました。今は、残っている歯に負担をかけ寿命を縮める事無く欠損補綴可能なインプラント治療があります。
10年程前からロングスパンブリッジが入っていたという患者様です。4本分の歯を2歯で支えていたため負担荷重と根面カリエスがありました。当院では3年程前から歯周病の治療と定期検診等を行わせていただいておりました。ある日突然ブリッジが脱落した日には歯根は保存不可能な状態になっていました。
ブリッジ脱落時
(歯根は保存不可能なダメージを受けていた)
000000094357_IntraOral_20090626053459.jpg
先ず第二大臼歯の残根を抜歯し、第一小臼歯に抜歯即時埋入、第一大臼歯相当部にフラップレス埋入を行う計画を立てました。
第二大臼歯残根抜時        約3年前のレントゲン
000000094357_IntraOral_20090715025845.jpg 000000094357_Panorama_20060914151508_02.jpg
インプラント埋入時        埋入時のレントゲン
000000094357_IntraOral_20090715035416.jpg 000000094357_Panorama_20090714154955.jpg
計画通り抜歯即時埋入とフラップレス埋入を行いました。そして後方は頬小帯をC02レーザーでカットし、瘢痕治癒による不動粘膜・付着(様)歯肉を作ることで、グラフトレスにより低侵襲にインプラント周囲の安定を得られます。
ニ歯欠損のブリッジを行った事で、およそ10年でブリッジの土台の歯2本をも失ってしまいました。その時点で欠損部にインプラント治療を行っていれば違う結果になった事は明白です。当時は別として、エビデンスのあるインプラント治療が普及した昨今においては、安易にロングスパンブリッジを行うのは慎むべきであると思われます。
Good day & Peace!  IMG_6496.jpg
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年7月21日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.11

ページトップへ